iPhoneやiPadのパスコードを6桁以上にして複雑にする方法

iPhone パスコード

iPhoneでパスコードはデフォルトでは6桁に設定されています。

この桁数や自由に変更する方法を紹介します。パスコードを強力なパスワードに変更できるのでぜひ設定しましょう。

 

iPhoneのパスコードを複雑な英数字のパスワードにする方法

*iOSのバージョンによって異なる場合があるので注意。

 

  1. iPhoneのホームから「設定」へ進みます。
  2. 「設定」→「Touch ID とパスコード」
  3. 「パスコードを変更」
  4. 「新しいパスコードを入力」と出てきたら、「パスコードオプション」をタップ
  5. パスコードの種類を選べるようになるので、好きなものを選ぶ。オススメはもちろん最も強力なパスコードを設定できる「カスタムの英文字コード」
  6. 手順にしたがってパスコードを変更。これで完了です。

 

 

ロック解除画面も変更される。

iPhoneの通常のロック解除画面は6つ(4つ)の窓が出て数字を入力することになります。なので、設定されている桁数が丸わかりでした。

しかし、今回紹介した設定をすると、入力欄が横長になり、一つだけになります。

これの大きなメリットは、所有者がパスワード/パスコードを何桁に設定しているかわからなくなることです。パスワードの選択肢が増えればそれだけセキュリティが上がります。

そのため、あえて裏をかき1桁のパスワードを設定するといったこともできます(実際は危険なのでやめましょう)。

 

また、「カスタムの英文字コード」を設定し、英字も混ぜると、パスコード解除のために表示されるキーボードがフルキーボード表示になります。

 

 

iPhoneには強力なパスワードを設定しよう

iPhoneはパスコード(ロック)を設定せずに使うことができます。

しかし、現実的には個人で利用しているiPhoneであれば、多くの方が4桁、最近のiPhoneであれば6桁のパスコードを設定していると思います。

 

ですが、少しパソコンやネットに詳しい方であれば、6桁の数字だけのパスコードがいかに貧弱かわかるでしょう。

iPhoneは設定すれば10回パスコードを間違えることでデータを全消去する機能も付いていますが、それでもやはりiPhoneセキュリティが甘いことには変わりありません。

そこで、iPhoneの設定を変えてより複雑なパスコード、もしくはパスワード(英字が加わったパスコード)を設定しましょう。

 

パスコードは長ければそれだけセキュリティが向上します。数字だけでなく、英字も混ぜればさらに良いでしょう。

あまり複雑なパスワードにすると覚えられなくなると思う方もいるかもしれませんが、自分が覚えられないほどのパスワードこそ安全なパスワードです。

最近のiPhoneにはTouch IDがありますし、仮に辞書に載っているような単語を使ったとしても、自分の名前でも使わない限り、数字6桁よりは安全なはずです。

 

 

 

まとめ

この方法を使えば、通常の6桁のパスコード(以前は4桁のパスコード)とは比べ物にならないほど強力なパスコードを設定することができるようになります。

スマートフォンは個人情報の塊。iPhoneのセキュリティやプライバシーが気になる方はぜひこの方法でセキュリティを強化しましょう。