ブログやウェブサイトの広告は記事との関連性がとにかく重要

コンテンツと広告

ブログやウェブサイトの広告は、いかに記事とマッチさせるかが重要です。

 

広告とコンテンツをマッチさせる

ブログの収益化でもっとも身近なのがアフィリエイトやアドネットワーク(Google AdSenseなど)の広告収入ですよね。

無料でコンテンツを公開し、挿入した広告から広告収入を得るこのシステムはうまく回れば広告主、サイト運営者、読者の全員が幸せになれるまさにWin-Winのシステムです。

しかし、広告を嫌う人がいることも事実です。

 

 

関連性の低い広告を挿入してしまう

特に収益化を始めたばかりのブロガーやアフィリエイターがやってしまいがちなのが、コンテンツ(記事)と関連性や親和性のない広告を挿入してしまうことです。酷いとやたら目立つバナー広告を貼ってしまうことも…

目先のお金欲しさにとりあえずアフィリエイト広告を貼っておかないと気が済まなくなっている状況ですね。とても不健全です。

 

酷いと、アフィリエイト広告が入れられるように記事を不自然に展開することもあります。例えば健康について書いている記事で急に、「そこで!健康に大事なのはこの青汁!」などとやってしまうパターンですね。

ただ広告を入れてしまうだけでなく、記事のクオリティを下げてしまうのは絶対に避けたいことです。

 

 

 

コンテンツ=広告にする

不自然なアフィリエイトに対抗するように言っときはネイティブアドや記事広告が流行りました。

しっかりした記事を書き、それそのものが広告になって入れば最高の形です。

例えば、「アメックスのクレジットカードの特典」について詳しく解説し、その記事自体が「アメックスのクレジットカード」の広告といった形です。

 

 

コンテンツの質を上げる

ブログでもアフィリエイトでもコンテンツの質を上げることが重要です。

信頼性が高く、ためになる記事であればGoogleからの評価も読者からの評価も上がり自然とアクセスが増えます。

そして、そこに自然に広告を挿入し、誘導できれば広告のクリック率も上がり収入も増えるでしょう。

ブログやアフィリエイトでお金を稼ぐのが上手い人はコンテンツと広告をバランスよく配合し、記事にしている人です。

 

もし、ブログを始めたばかりでペタペタ広告を貼ってしまっている方がいたら勇気を持って剥がしましょう。

少ない広告でも十分成果は上がりますし、逆にたくさん広告を貼ったからといって収入が上がるわけでもありません。

 

 

 

 

まとめ

今後はバナー広告のような明からさまな広告は全く受けないでしょう。

テキストリンクのアフィリエイトのように、コンテンツに完全にマッチした広告を使ったり、広告そのものが完全にコンテンツになっているサイトやブログがこれからのスタンダードになっていくはずです。

あからさまな売り込みや広告への誘導は避け、読者が広告を自然とクリックしたくなるようなコンテンツを目指しましょう。



follow us in feedly