動画共有サイトのまとめ

動画共有サービス

動画作成や動画配信、ゲーム実況に興味のある方向けに、使いやすい動画配信サービスを紹介します。

スポンサーリンク

 

動画共有サービス

動画の視聴者からすると、サービスだけでなく、動画配信者も重要な指標になってしまうので、ここでは特に動画配信をするならばどこが良いのかという点について解説します。

 

 

YouTube

説明不要の超有名サービス。

動画サービスといえばYouTubeを思い出す方が大半でしょう。

 

動画作成、アップロード、閲覧、コメント、全て無料でできるYouTube。

ユーザーも非常に多いので、自分の動画を多くの人に見て欲しいと思っているならYouTubeを選んで間違いはありません。

他にもリスト作成や他サイトへの埋め込みなども簡単にでき、非常に使いやすいサイトです。

 

 

ニコニコ動画

日本では非常に有名なサービス。

日本のサービスであり、動画を横断する様なコメント機能や日本のオタク文化が特に盛り上がっているのが特徴的。

一方で、会員でなければ閲覧すらできないなど、機能面では劣っており、使い勝手が悪いです。

 

 

Vimeo

YouTubeほどではありませんが、Vimeoもよく利用されています。

YouTubeと比べ、機能が少ないですが、その分シンプルで使いやすい点がメリットです。

機能が少ないとは言え、コメント、タグ、投票機能など基本的な機能はちゃんと備えていますし、他サイトへの埋め込みも簡単です。

Vimeoはアップロードの規約が厳しく、自分で作成した動画でなければアップロードできません。ゲーム実況や宣伝動画も原則禁止です。

その分、おしゃれで健全な動画がYouTubeよりも多くなっています。

 

 

Dailymotion

Dailymotionはフランスで誕生した動画共有サービスで、ヨーロッパでは特に人気にサービスです。

開始時期はYouTubeより1ヶ月早かったと言われています。

最近ではゲーム配信専用の「Dailymotion Games」という動画共有サイトも開始しました。

 

また、性的な動画に関してはYouTubeやニコニコ動画よりも寛容なため、女性の乳房・ヘアヌードなどを露出した動画もアップロードされていることがあります。

ただし、ハードコアポルノ(性行為をあからさまに取り扱ったもの)などに関しては削除の対象となっています。

しかし、YouTubeも過度に性的でなければ、(例えば芸術やヌーディストビーチなど)であれば削除対象とはなりません。

 

 

TubeMogul

TubeMogulはGoogle Analyticsのような動画の指標と統計情報を提供しているのが特徴で、動画を広告やブランディングのためのツールとして使いたい方にピッタリです。

知名度こそ高くないものの、複数の動画共有サイトへの一括投稿も可能ですし、本格的に動画でビジネスを起こしたいならチェックしておきたいサービスです。

現在はPhotoshopなどを提供するAdobeのサービスの1つとなっています。

 

 

 

まとめ

以前はクリエイター向けの動画投稿サービスがもっとたくさんあったのですが、YouTubeの勢いに押されてか、多くのサービスがここ数年の間にサービス終了になっています。

現在では動画共有サービスはどの様な用途であれYouTubeが一強でしょう。

しかし、動画の内容に合わせて、Vimeoなどを合わせて使ってみるのも良いと思います。