銀聯カードとは|中国でVISA以上に使える世界的クレジットカードブランド

UnionPay

あまり日本では知られていないクレジットカードブランド「銀聯/UnionPay」を解説します。

 

銀聯とは

銀聯(ぎんれん)の正式名称は「中国銀聯」です。

中国銀聯は、中国を中心に拡大しているオンライン決済システムを運営する会社(金融機関)です。

銀聯は世界的には「UnionPay(ユニオンペイ)」と呼ばれます。ロゴにもUnionPayと書かれていますね。

ちなみに中国銀聯もそのまま「China UnionPay」と訳します。

 

 

 

銀聯カード

中国銀聯はオンライン決済の問題を解決するため、金融機関間の決済システムやルールを統一し標準化する「銀聯ネットワーク」を提供しています。

そしてその銀聯ネットワーク加盟店で使えるデビットカード(クレジットカード)が銀聯カードです。

 

 

銀聯カードの特徴

銀聯カードにはVISAデビットカードと同様にショッピング機能と国際キャッシュカード機能があります。

  • ショッピング機能:中国国内含む世界中の銀聯加盟店でクレジットカードと同じように使えます。
  • 国際キャッシュカード機能:銀聯のロゴマークのついた、全世界のATMでキャッシング(現金を引き出す)ができる。

 

 

日本での発行

日本では中国銀行と中国工商銀行から銀聯カードが発行されています。

他にも、三井住友カード、三菱UFJニコス、九州カードからクレジットカードタイプの銀聯カードを発行することができます。

 

 

 

まとめ

「銀聯/UnionPay」は中国で急成長し、世界的にもシェアを伸ばしています。

近年ではVISAやMasterCardなどのブランドと並び、世界標準の国際ブランドとなっています。

現状、クレジットカードのブランドはVISAやMasterCardの方が使い勝手が良く、他の国際ブランドと比べると見劣りしますが、中国でのシェアは圧倒的なので、中国への旅行や出張が多い方は銀聯/UnionPayブランドのクレジットカードも1枚持っておくと便利です。