Twitterの永久凍結が廃止される?

Twitterを買収したイーロン・マスク氏は、Twitterの永久凍結を廃止する意向です。

これにより、元大統領であるドナルド・トランプ氏を始め、アカウント閉鎖とTwitterからの永久追放処分を受けたユーザーが、再びTwitterアカウントを取得できるようになる可能性があります

ちなみに、トランプ氏はマスク氏によるTwitterの買収を歓迎していますが、(凍結が解除されたとしても)Twitterに復帰するかは未定です。

一方で、Twitterを無法地帯にするつもりはなく、マスク氏はコンテンツモデレーション(不適切な投稿の監視・削除)を監督する評議会を設置すると明らかにしています

(更新:11月6日)

凍結アカウントの復活は”明確な手続き”の準備が出来てからだとマスク氏がTwitterで述べました。少なくとも数週間かかるようです。

詳細:Twitterは”明確な手続き”なしに永久凍結アカウントを復活しないとイーロン・マスクが発言

(更新:11月20日)

2021年1月に永久凍結されたドナルド・トランプ氏のTwitterアカウント(@realDonaldTrump)が2022年11月20日頃に復活しました。

詳細:ドナルド・トランプ前大統領のTwitterアカウントが復活

(更新:11月25日)

イーロン・マスク氏は自身のTwitterアカウントで、凍結されたアカウントを復活させるべきかユーザーに問い、アンケートを実施しました。

アンケートは300万票以上を集め、そのうちの72.4%が「Yes」と回答しました。

この結果を受け、マスク氏は翌日(11月25日)に「民の声です。来週から恩赦が始まります。民の声は神の声」とツイートし、永久凍結アカウントを来週から復活させることを発表しました

詳細:Twitterの永久凍結アカウントが来週から復活か?

(更新:11月30日)

Twitterが凍結解除「ビッグバン」を開始。11月29日時点で62,000のアカウントが復活しました