Twitterはフォロワーを増やすための過剰な相互フォローは禁止

Twitter 相互フォロー スパム

Twitterではフォロワーを増やすための過剰な相互フォローはスパム(禁止)です。

最悪、アカウント削除の可能性もあります。

 

フォロワー稼ぎの「相互フォロー」

Twitterでは、自分のフォロワーを増やすために過剰に相互フォロー(お互いにフォローし合うこと)を繰り返す方がいます。

具体的な手順は以下のとおり。

  1. 「相互フォローします」と言っている人や相互フォローしてくれそうな人をフォローする。
  2. 1を繰り返し、フォロワーを増やす。
  3. ある程度フォロワーが増えたらフォローを外していき、あたかも有名人であるかのように見せかける。

 

このような相互フォローによってフォロワーを増やすのは特に日本でTwitterが流行りだした2011~2013年くらいにはよく見られました。

最近は減っているようですが…

 

 

相互フォローでフォロワーを増やしても意味がない

このような相互フォローでフォロワーを増やしてもあまり意味がありません。

相互フォローによっていたずらにフォロワーを増やしても、自分の発信する内容に興味があるフォロワーではないですから、リツイートやいいねがされにくく、影響力等はさほど上がりません。

また、「たくさんフォロワーがいる!」と自慢しても、バカなら騙せるかもしれませんが、一般的なTwitterユーザーは「おかしい」「不自然」「相互フォローで増やしただけ」とすぐに気づきます。

 

本来、人がTwitterでフォローするのはどんな人かというと、「役に立つ人」「面白い人」「連絡を取りたい人」「注目すべき人」であり、一言で表すと「フォローする価値がある人」です。当たり前ですね。

そのため、Twitterのフォロワーは本来、自分が「フォローする価値がある人」であればいくらでも増えていきますし、逆に自分のフォローしている人が、一般的に「フォローする価値がある人」であればあるほど「この人はTwitterをうまく活用している」と周りから見られます。

そのため、個人のTwitterや始めたばかりでもないのにフォロワーとフォローの数が大きく違わない人、もしくはフォローしている人の方が多い人は、明らかに「フォロワー数を増やすためにむやみやたらフォローしている」という風にみなされ、まともなユーザーからは敬遠されがちです。

 

つまり大事なのは「(フォロワー数)ー(フォロー数)」です。

例えば、フォロワーが100万人いても、フォローしている人が1万人なのか、100万人なのかでそのユーザーの価値は変わります。

 

 

根本的にスパムです

さて、最近ではこのような相互フォローは減っていますが、未だにフォロワーを増やすために過剰な相互フォローをする方もいます。

しかし、そもそも相互フォローに限らず、フォロワーを増やすためだけの行動はTwitterでは禁止されています。

ヘルプページにもしっかりと書かれています。

 

フォロワーを増やしたり、自分のプロフィールを注目させたりするなどの目的でフォローおよびフォロー解除を繰り返した場合

引用元:Twitterルール | Twitterヘルプセンター

 

違反していた場合、アカウント停止・削除の可能性もあります。特に最近のTwitterはその点に厳しくなっているので注意しましょう。

 

 

 

まとめ

Twitterでフォロワーを増やすためには、フォロワーの役に立つ、フォロワーが喜んでくれるツイートをするという王道中の王道だけが許されています。

フォロワーを買ったり、フォロワーを増やすためだけにフォローしまくったりするのはスパムです。

 

何かと調子が悪いと言われるTwitterですが、まだまだユーザー数は全世界で3億人おり、日本国内では未だ勢い劣らずユーザーが増加しています。

新機能も発表されており、主要なSNSであることには変わりありません。

ルールを守ってしっかり活用しましょう。




follow us in feedly