二日酔いの予防・解消に緑茶を飲もう

お茶 二日酔いに効く

お酒を飲む前後に、お茶を飲むと、身体によい効果をもたらします。

お酒を飲んだ後にお茶を飲むとよい理由や、またその飲み方や煎れかた、どんな種類のお茶がよいのかなどについて解説しまう。

 

お酒に効くお茶の成分とは?

お茶には、非常に多くの栄養素が含まれています。

その栄養素が一体、お酒の害をどのように和らげたり防いだりしてくれるのかを、紹介していきます。

 

 

カテキン

お茶の代表的な成分の一つであるカテキン。

カテキンは胃の粘膜を保護する作用があります。お酒のおつまみは油っこいものが多いので、カテキンで胃を守り、消化を助けてあげましょう。

また、カテキンには消臭効果もあるので、酒臭い口臭や体臭の対策、予防にも効果を発揮してくれます。

ちなみに、カテキンは風邪などの予防にも効果的です。

 

 

ビタミンC

あまりイメージがないかもしれませんが、お茶にも多くのビタミンCが含まれています。

そして、ビタミンCは二日酔いの予防に効果を発揮してくれます。

お酒を飲みすぎると、有害物質のアセトアルデヒドが増えてしまいます。そして、そのアセトアルデヒドの分解に必要な成分がビタミンCです。

血液中にビタミンCやブドウ糖が多くあれば、アセトアルデヒドの分解能力を高め、つらい二日酔いを予防することができます。

 

 

カフェイン

カフェインと言うと、コーヒーをイメージする方も多いかと思いますが、お茶にもカフェインはしっかりと含まれています。

眠気覚ましにカフェインを摂ると頭がスッキリするのと同じように、カフェインはアルコールによってマヒした脳の働きを、復活させる作用があります。

また、高い利尿作用で、有害物質アセトアルデヒドをカラダの外に排出する働きもあります。

加えて、お酒によるカラダのむくみも解消されます。またカフェインは、アセトアルデヒドを分解するために必要なブドウ糖を増やす作用もあります。

 

 

タンニン

タンニンは、アルコールの吸収を抑えてくれます。

利尿作用もあるので、身体に余分な成分の排出に一役買ってくれます。

さらに、ノドの渇きも抑える効果もあるので、お酒を飲んだ後の脱水症状の予防にも効果があります。

 

 

 

お酒の後にはどんなお茶を飲めばいいのか

お酒の後に飲むと効果的なのは、緑茶や玉露、煎茶、番茶などです。

これらのお茶を90~100度の熱いお湯で入れると、カテキンやカフェインが多く溶け出した効果の高いお茶が飲めます。

 

また、一晩水で出した煎茶は、カフェインも40%くらい溶け出しているので、二日酔いには最適です。

お酒をたくさん飲む日は、翌朝に備えて、煎茶を煎れておくのも良いですね。

 

ビタミンCやカフェインなどは、他の食品でも摂取することは可能です。

しかし、こうして、様々な栄養素と効果を合わせて一度に得られるお茶は、非常に便利な飲み物です。

お酒をよく飲む方はぜひお茶も飲みましょう!

 

オススメ記事