税金や年金が支払えない場合はキャッシングで支払うのがベスト

税金が払えない場合はキャッシングを使うべき

フリーターやニートの方など、税金や年金の支払いに困窮している方はキャッシングやカードローンで対応しましょう。

 

キャッシングで対処しよう!

どうしても税金や年金が払えず、滞納してしまいそうだという場合は、プロミスやアイフルなどのカードローンやキャッシング  (借り入れ)で対応するのがベストです。

ニートはさすがに厳しいですが、少なくてもアルバイトやパートで収入があるなら、借り入れの審査に通る可能性はあります。

 

また、借り入れの最中に差し押さえなどが執行されないように、事前に役所に相談しておくと良いでしょう。

下手に借金で支払うことを話すと、税収を増やすため、分納を勧めてくる可能性があるので注意しましょう (分納は延滞税がかかる分、納める税金が増える)。

 

 

税金を支払うために借金するのは問題ない!

一部では「税金を払うために借金するなんてありえない!」「税金で困ったら役所や税務署に相談を!」と言った意見も見受けられます。

しかし、それらは税金滞納の実態を知らずに言っているだけのガセ(間違い)です。

事実、役所でも「(税金を借金して払うことは) 支払う先が役所になるか、金融会社かの違いだけなので特に問題ない」と回答しています。

市によっては「税金の延滞税より、銀行の利息の方が少ないから乗り換えた方がオススメだよ」と教えてくれる親切な役所職員の方もいるようです。

 

 

理想は役所に対応してもらうことだが…

確かに理想は市役所や税務署に相談し、対応してもらうことです。

当サイトにもそのような記事はあります。

が、上記の記事内でも書いている通り、それで税金がなくなることはまずありません。

 

事実、「市役所や税務署に相談して解決した」という方の大半は「税金を分納にしてもらった」というパターンが非常に多いです。

分納とは分割払いのことで、例えば1年間に12万円払うところを、1ヶ月1万円にしてもらうといった形です。

つまり、「市役所や税務署に相談して解決した」という方の大半は「元々、支払えるだけのお金はあるが、月一の支払いでなければ納税を忘れてしまう」という方だけです。

ですので、市役所や税務署に相談しても基本的には意味がありません。

 

確かに、市役所や税務署の職員に対してしつこく食い下がれば、より少ない金額で細かく分納することもできます (例:1年12万円の所を、1ヶ月5,000円x24ヶ月にする)。

ですが、あまり税金を分割しすぎてしまうと、払っても払っても元の残高 (滞納している税金)が減らず、払い終わる前にまた次の年が来て支払うべき税金が増えてしまいますから、あまり意味はありません。

そもそも、少額の分納は役所も良い顔はしません。

こちらが誠意を見せ「全額は無理ですが、毎月3,000円だけでも納付させてください!」と言っても、「そんなに少ないなら滞納してくれた方がマシだよ」と言われるのが関の山です。

 

どちらにせよ、分納したところで支払う税金の金額は変わらないので、最初からお金がない人は分割だろうが一括だろうが変わりません。

むしろ、分納した方が延滞税がかかり返済額 (支払う税金)は増えてしまいます。

多くの市役所や税務署が相談した際に借金で支払う方法を教えず、積極的に分納させようとするのはそのためですね。

確かに分納させれば、本来よりも多くの税金を回収できるわけですから、役所としては納税者に分納させない手はありません。

 

Twitterやブログ等をみていると、そのことに気がつかなかったり、なんとなくローンより税金の方が良いと思ってしまい、借金せずに分納を選んでしまう方も多いようですね。

まぁ、役所や税務署は公共の機関なので、民間のサービスを勧めづらいという事情もわかりますが…注意が必要ですね。

 

 

キャッシングの利息の方がお得!?

カードローンや消費者金融は手数料や利息が高額だという意見もあります。

確かに一般的なローンと比べると高額ですが、それは税金の滞納による利息も変わりません。

むしろ、税金の延滞税 (滞納によってかかる利息)は税金の種類や状況によって変わりますが、大体10%~15%ほどなので、金額によってはアコムやプロミスなどのキャッシングに乗り換えた方がよほどお得です。

 

特にキャッシングであれば、役所と違い、延滞してもすぐに給料や家財、貯金などの資産を差し押さえ没収することはまずありません。

また、いざとなったら税金や年金、健康保険と違って自己破産や任意整理をすることで、借金を減額することもできるので、税金を滞納するよりも安心です。

 

 

 

まとめ

たとえ、病気で倒れていようが、借金が何億あろうが税金の請求がきている以上は払うしかありません。

法律でも「借金より税金を優先するように」と決まっています。

「どうしても払えない」と言っても、一度発生した税金は死んでも無くなりません。自殺をしたところで、資産を相続すれば家族が支払うだけです。

 

しかし、キャッシングなら自己破産や任意整理で減らしたり、なくすことができますし、取り立てもまずありません。

キャッシングは多くの人が利用しているサービスです。賢くキャッシングを活用して、税金の不安・負担から逃れましょう!

 

税金や年金と違い、詳細や催促が家に届かないのもキャッシングの良い所ですね (あまりに滞納するとキャッシング会社も家に催促状を送りますが、税金の催促状よりは送られてこないです)。

プロミスなら担保も保証人も不要で、家族や友人にバレることなくお金を借りられます。




follow us in feedly