オススメの動画ストリーミングサービス比較

ストリーミング・サービス 比較

映画やドラマ、アニメが見放題のストリーミングサービスが多く出てきました。

どのサービスがいいかわからない方のために、有名なサービスを比較してみたのでぜひ参考にしてください。

 

ストリーミングサービスの比較

サービス名 Amazonプライムビデオ Netflix U-NEXT dTV DMM 見放題ch ライト Hulu
月額 400円 650円~ 1,990円 500円 540円 933円
特徴 Amazonプライムの一部 オリジナル作品が充実 雑誌も読み放題 国産サービスなので日本の作品が充実している 18禁のアダルト作品の見放題 日本版は日テレの子会社が運営しているので、日テレの番組が多い
強みのジャンル オリジナル作品 オリジナル作品 最新映画 お笑い アイドル、グラビア、AV 日テレの番組

*価格は公式サイトの表記の通りです。サイトによって税抜き、税込が違うので注意してください。

 

 

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオは名前の通り、Amazonのプライム会員の方が使える動画見放題サービスです。

 

  • 年会費3,900円 (もしくは月額400円)で動画が見放題
  • Amazonプライムなので、音楽聴き放題や買い物の送料無料など様々なサービスが使える。
  • オリジナルシリーズも充実。
  • 無料期間は30日間

 

Amazonプライムビデオは他の動画サービスと比べて非常に安く、また、Amazonプライムなので他にも様々なサービスが使えるのが魅力です。

Amazonをよく利用するユーザーなら非常にオススメ。

 

 

Netflix

元々レンタルビデオ屋ということもあり、付随サービスなどがないシンプルなサービスが魅力的です。

 

  • 画質や視聴台数制限に合わせた複数の料金プラン
  • オリジナル作品が充実している
  • 無料期間は1か月

 

動画ストリーミングに集中したシンプルなサービスが何よりの特徴。

余計な機能はいらないという方にオススメです。

また、一時期日本でも頻繁にCMを流していた、フルハウスの続編、フラーハウスなどオリジナルシリーズに力を入れている点も特徴です。

 

 

U-NEXT

飲食店から格安SIM (U-mobile)まで幅広く提供するUSENの動画サービスです。

 

  • 最新映画がDVD発売やレンタルと同じタイミングで配信される
  • 動画だけでなく、70誌以上の雑誌も読み放題。
  • 無料期間は31日間

 

U-NEXTは月額料金が1,990円と他サービスと比べて高いですが、毎月、映画やコミック、書籍等の割引に使えるU-NEXTポイントが毎月1,200円分もらえます。

ですので、U-NEXTで動画だけでなく、買い切りの映画やコミック等も一緒に楽しむ方ならば特に値段が高いということもないでしょう。

 

 

dTV

NTTドコモが提供する動画見放題サービス。

 

  • 国内作品が充実。日本の映画やドラマが好きな人にオススメ
  • 人気ミュージシャンのコンサートやお笑い芸人の単独ライブも数多く配信
  • 無料期間は31日間

 

コンサートやお笑いライブが充実しているのはdTVの強みです。

ちなみにdocomo IDを持っていればNTTドコモユーザー以外の方も使えます。

最新のGoogle ChromeやMicrosoft Edgeで視聴できないなど、視聴環境の条件に難あり。

 

 

DMM 見放題ch ライト

英会話や格安SIMなど数多くのサービスを提供するDMM.comによる動画見放題サービス。

 

  • DMMのサービスの一つなので、他のDMMサービスを使っている方はアカウントの取り扱いが楽。
  • DMMの得意分野であるアイドル、グラビア、アダルト作品が充実
  • 無料期間は2週間

 

DMMにはアイドル専門やバンダイ作品専門など様々な動画サービスを持っていますが、その中でももっとも価格が安く、様々なジャンルの作品を見られるのがこのDMM 見放題ch ライトです。

他の動画見放題サービスと比べると、アダルトやアイドルの作品が非常に充実しているのがDMMの大きな強みです。

逆に、他のアダルト見放題サービスと比べると、一般作品も合わせて多く見れるのが魅力ですね。

 

 

hulu

システムを日本専用に移行し、過去最悪の改悪をしたhuluです。

 

  • 日本版は日テレの子会社が運営。
  • 日テレとフジテレビの番組が充実。
  • 無料期間は2週間

 

huluの日本版は日テレとフジテレビと提携しているので、国産のバラエティやアニメが充実しています。

また、海外ドラマも充実。

最新作は少なめですが、「一部作品は追加料金~」ということもなく、本当に全ての作品が見放題です。

 

しかし、2017年のリニューアルで視聴できるデバイスが大幅に減るなど、動画自体まともに見れないユーザー続出。

URLまでhulu.jpからhappyon.jpに変更する始末。そのせいでTwitterなどでは「はっぴょん」と揶揄されていますね。

huluを試したい方は無料期間中にしっかり自分の環境でも見られるか確認が必須ですね。

 

 

 

まとめ

どれも一長一短です。

公式サイトでは作品のラインナップが見れないことも多いのですが、Google等で検索してみると、自分が見たい作品が配信されているか簡単に調べることができるので、自分の見たい作品やジャンルに合わせてストリーミングサービスを選びましょう。

また、Amazonプライムビデオのように他にもサービスが付随しているパターンもあるので、自分のライフスタイルに合わせて使うのも重要です。




follow us in feedly