プロブロガーが教える、起業する際大事な4つのポイント

事業を興すコツ

プロブロガーのイケダハヤト氏が伝授する「これから起業・事業の立ち上げをする人への4つのポイント」を紹介します。

 

イケダハヤトが伝授する起業のコツ

プロブロガーとして活躍するイケダハヤトさんが、これから起業・事業の立ち上げをする人へ、4つのポイントをTwitterにて伝授していたので紹介、解説します。

 

 

「まずはサービスをローンチしてみろ!」というのがイケハヤ論。思いついたアイデアは全て実行してみろとのことです。

確かにやってみないとわからないことは多いので、アイデアを思いついたらまずは実行して見るといいでしょう。

本命プランがうまくいかず、プランB(代替えプラン、予備プラン)がうまくいってしまうことも往往にしてよくあることなので、思いついたことは出し惜しみせず、ガンガン試して見ることが大事ですね。

 

 

 

大事なのは先輩や師匠よりもお客様ということですね。

確かにマーケットに目を向けた顧客目線は非常に大事。特に小規模なビジネスならば自分の商品やサービスのお客様やユーザーの方と触れ合うことも難しくないでしょう。

現場の最前線でビジネスを磨きましょう。

 

 

 

自分で起業するということは、自分で仕事を作り出すということです。

やる気がなくても、態度が悪くても、体調不良でも仕事がもらえるのは会社員だけ。

どんな時でもモチベーションを絶やさず、燃えながらビジネスを続けなければなりません。

その基準は「自分がワクワクするかどうか」、素晴らしい基準だと思います。

 

 

 

顧客のニーズに応えていくうちに、他と差別化ができていない、面白みのない普通のプロダクトやサービスになってしまったものは大企業のものでも多くありますよね。

事業の核、ひいては自分自身を見失わないように続けていきましょう。

 

 

他、イケダ氏の言葉を紹介します。

 

 

数撃ちゃ当たるの精神ですね。基本的には良いことですが、リソース配分を間違えると全てが中途半端になるので注意が必要なやり方だと思います。

 

 

 

みな、見えないところで失敗も努力もしているものです。

 

 

 

まとめ

とにかく最初は右も左もマーケットもわからない状態です。

ですから、思いついたアイデア、プランから順にひたすら実行に移すことが大事ですね。

実際、「アイデアだけでは価値がない」、「起業プランは役に立たなかった」という起業家は多いものです。

まずは思いついたものから行動してみましょう。何事も行動が大事です。