スマフォの通信速度制限を防ぐ方法|通信料が多いものを把握しましょう

通信量を節約する

スマフォで通信速度制限を食らわないようにするには、通信量が多い行動をしないことが大事です。

そこで、スマフォの行動、動作で通信量が多いものを紹介、解説します。

 

通信量が多いもの

ここで紹介するものは特に通信量が多くなりがちなものです。

外出先な度で頻繁に使うと、すぐにデータ通信量を使い切ってしまい、速度制限がかけられてしまう可能性があるので気をつけましょう。

 

動画の再生、ダウンロード、アップロード

動画は非常に通信量を使うものです。

 

例えば、YouTubeは画質にもよりますが、1時間の視聴で1GBほど通信量を使ってしまいます。

外出先のホテルやカフェなどでくつろいで、YouTubeやNetflixなどの動画を長時間見てしまうと、あっという間に通信量がなくなって速度制限を受けてしまいます。

また、自分が撮影した動画をYouTubeにアップロードしたり、Dropboxに保存したりするのも、同様に多くの容量を使ってしまいます。

 

動画の再生、ダウンロード、アップロードは自宅などのWi-Fi環境下で使うようにしましょう。

 

画像の表示、ダウンロード、アップロード

画像も動画ほどではないですが、高画質なものになると通信量を多く消費しがちです。

特に、見るだけならそこまで通信量は必要ないですが、ダウンロード、アップロードは多く通信量を消費します。

InstagramやTwitterなど、はまっている方も多いと思いますが、出先ではあまり画像を投稿しすぎないように注意しましょう。

 

通話

LINEやFacebookは無料で通話できるので、油断しがちですが、長電話すると通信料は多く使うので注意しましょう。

 

ビデオチャット

LINEやFacebookなどには、通常の通話だけでなく、お互いの顔(映像)を見ながら会話ができる「ビデオ通話」機能があります。

どれも無料で使えるものばかりなので、便利ですが、こちらも通話同様、多くの通信量を消費します。

特に、動画の通信は多くの通信量を使ってしまうので注意しましょう。

Wi-Fi環境以外では使わないことをオススメします。

 

アプリのダウンロード、更新

アプリのダウンロードや更新は特に通信量を消費する行為の一つです。

良さげなアプリを見つけてもアプリのダウンロードはWi-Fi環境がある自宅やホテル、カフェなどですましましょう。

 

また、アプリの更新も同じく多くの通信量を必要とする場合が多いです。

特にアプリの更新は自動でアップデートされてしまうものも多いですが、そうしたものは手動アップデートに切り替えるか、自動アップデート時にWi-Fiしか使わない設定にしましょう。

 

ファイルのアップロードやダウンロード、同期

重たいファイル(動画など)のアップロードやダウンロード、同期は多くの通信量を消費します。

DropboxやGoogle Driveなどのアプリを外出先で同期するのはやめましょう。

 

位置情報の取得

GPSで頻繁に位置情報の取得をすると、通信料は多く消耗します。

ちょっと出先で地図を確認するくらいなら良いのですが、Pokemon GOのように長時間位置情報を取得し続けるサービスは注意した方が良いです。

 

通信量を節約する方法

外出時はここであげたような使い方はしないようにしましょう。

通話や位置情報の取得は出先で使うことも多いので難しいでしょう。

ですが、例えばアプリのダウンロードやファイルのアップロードはなるべく自宅で済ます、動画はホテルやカフェなどのWi-Fiを使って見るなど工夫をすることで、通信量を大幅に節約することができます。

 

使い放題の契約をする

根本的な見直しとして、通信料制限のゆとりのあるプランを選ぶのも良い解決方法です。

 

例えば、格安SIMのU-mobileでは低価格で通信量無制限のサービスを行なっています。

公式サイト:U-mobile

使って見た感想:通信量無制限の格安SIMは「U-Mobile LTE使い放題」がオススメ

 

また、LINEやTwitterなどの利用に通信量がかからない格安SIMに切り替えるのも良いでしょう。

例えば、LINEモバイルではLINEの利用に通信量を消費しないプランや、LINEに加えてTwitter、Facebook、Instagramを利用した際に通信量を消費しないプランがあります。

こうしたプランを選べば特定のサービスは通信量を気にせず使い放題なのでオススメです。

公式サイト:LINEモバイル

 

まとめ

通信料を使い切ってしまうと、速度が非常に遅くなってしまいますし、とはいえ通信量が多いプランにすると月々の値段が高くなってしまいがちです。

出先では使用する機能を制限し、通信量をうまく節約しましょう。