三井住友VISAクラシックカード|信頼性の高いスタンダードな1枚

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードの特徴やメリット・デメリットを解説します。

 

三井住友VISAクラシックカードとは

三井住友VISAクラシックカードは数あるラインナップの中でも一番スタンダードな1枚です。

国内は勿論の事、海外でも使う事が可能です。入会資格は年齢18歳以上 (高校生除く)、未成年の場合は親権者の同意が必要となります。

 

 

三井住友VISAクラシックカードの特徴

三井住友VISAクラシックカードは初年度年会費無料、次年度からは1250円の年会費がかかります。

次年度からは一定の条件を満たせば年会費は無料になります。その条件とはマイ・ペイすリボへの登録と年1回以上の利用の2つです。

 

年1回以上の利用であれば簡単に条件を満たす事ができますが、気になるのがマイ・ペイすリボへの登録です。

マイ・ペイすリボでは毎月一定の最低支払金額で良いので楽なのですが手数料が発生します。

設定を全額支払にすると実質1回払いになり手数料がかからなくなります。

リボ払いは必要ないので年会費をずっと無料にしたいと言う時は設定を替えてみて下さい。

 

リボ払いは必要と言う場合はカード利用代金の明細書をWEB明細書サービスに替えると年会費500円割引されます。

無料にはなりませんが年会費が安くなるのです。

 

 

メリットとデメリット

三井住友VISAクラシックカードは海外旅行傷害保険やショッピング補償が付いていると言うメリットがあります。

 

海外旅行傷害保険は傷害死亡や後遺障害で最高2000万円の補償が受けられます。海外旅行先で万が一の事があっても補償の範囲でカバーして貰えます。

ショッピング補償では年間100万円までの補償が受けられるために安心感が違います。

 

その代わりに海外旅行傷害保険、ショッピング補償ともにデメリットがあります。

まず海外旅行傷害保険の傷害治療費用や疾病治療費用では補償限度額50万円と言う点です。海外では治療費用が高額になる事があり、補償だけで賄いきれない恐れがあります。

その他にも利用付帯となっておりカードで旅行代金を支払する事が必要です。

ショッピング補償では国内の場合、支払回数3回以上の分割払いとリボ払いが対象なので注意が必要です。

 

まとめ

三井住友VISAクラシックカードは信頼性の高い1枚を持ちたいと言う方におすすめです。

VISAは国内でも海外でも加盟店が非常に多く、特に海外旅行に行った際に役立ちます。

事前にカードで旅行代金を支払すれば海外旅行傷害保険に加入できるので万が一にも備える事ができます。

 

1000円ごとに1ポイント貯まりますので現金払いするよりカード払いのほうがお得になるのも良いところです。

三井住友VISAクラシックカード