三井住友VISAバーチャルカード|通販専用の安全なクレジットカード

三井住友 バーチャルカード

インターネットでの買い物を便利に安全にできるクレジットカードが「三井住友VISAバーチャルカード」です。

普段、クレジットカードを使わない方も、Amazonや楽天など通販を使う機会があるならばぜひ持っておきたいカードです。

スポンサーリンク

 

ネット通販専用の三井住友VISAカード

インターネットが普及し、世界中とつながりネット通販で何でも買える時代になり登場したのがこの「三井住友VISAバーチャルカード」です。

三井住友VISAバーチャルカードはネット決済のみに使えるカードで、国内外のVISA加盟ネットショップでのお買い物に使用する事が可能です。

年会費はインターネット入会で初年度無料、次年度から300円かかります。

入会するにはインターネットに接続できる事、携帯電話以外のEメールアドレスを持っている事と言う条件を満たす事が必要です。

 

 

三井住友VISAバーチャルカードの特徴

インターネット決済でのみ利用できるカードです。実際の加盟店(いわゆるリアル店舗)でのお支払いには使えません。

支払回数は1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、分割払い、リボ払いとあります。

カード利用枠は10万円、分割払いやリボ払いの利用枠0から10万円、総利用枠は10万円となります。

キャッシング枠はないのでお金を借りる事はできません。

15日締日翌月10日支払日と月末締日翌月26日支払日と2種類あり、どちらか都合が良いものを選べます。

 

書面での利用代金明細書の発行はされず、登録したメールアドレスに確定金額などが記載されたメールが送信される「カードご利用代金WEB明細書サービス」を利用することになります。

ちなみに三井住友VISAバーチャルカードはネットショップの他にもインターネットプロバイダーの料金支払いにも利用が可能です。

 

 

バーチャルカードのメリット・デメリット

三井住友VISAバーチャルカードの特徴は何と言ってもインターネット通販やインターネットプロバイダー利用料の決済専用ということです。

 

実店舗での利用が不可能、さらに航空券などをインターネット予約して、カウンターで受け取る際にクレジットカードの提示が求められる場合にも利用が不可能というのは最大のデメリットになるでしょう。

 

送付されてくるカードはあくまでも「会員証」であり、クレジット機能は付いていませんので、通常のクレジットカードの代わりとして利用することはできません。

 

逆に言えば、一般的なクレジットカードと違い、もし紛失しても実店舗で支払いされる心配が無い、サインやデータを偽造されて悪用される心配がないというメリットがあります。

また、会員番号が漏えいして悪用されたとしても、利用枠の範囲内であれば補償が受けられるので安心です。

さらに、海外での利用や国内でのリボ払い、分割払い(3回以上)を対象としたショッピング補償で年間100万円までの保険もあります。

ただし、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険は付いていません。

 

 

バーチャルカードの申し込み

三井住友VISAホームページなどからのインターネット入会で、初年度の年会費が無料になり(翌年からは税抜き300円/年)最短3営業日でカードが発行され、万が一、カードを悪用された場合には利用枠範囲内での補償が付いています。

満18歳以上でインターネット接続が可能な環境にあり、Eメールアドレスを持っていれば申し込みができ、申し込み後現住所にカード番号や有効期限などが記載された会員証カードが送付されてきます。

三井住友VISAバーチャルカードのインターネット入会は以下のページから申し込めます(適当なカードを選んで進むとカードを選べます)。

 

 

 

まとめ

三井住友VISAバーチャルカードはちょっと特殊なクレジットカードです。

海外の商品を取り寄せたい方や地方に住んでいる方、買い物に出歩けない事情があるな方など、インターネット通販を頻繁に利用する方には非常にオススメできるカードです。

また、クレジットカード決済を利用したいけど、通常のクレジットカードを持ち歩くのは怖いという方にも、世界中で使えるこの三井住友VISAバーチャルカードはおすすめです。