肌質を改善する正しいスキンケアの方法と肌タイプ別のオススメ化粧水

肌質別 スキンケア

オイリー肌や乾燥肌など、肌質別のスキンケア方法を紹介します。

 

肌タイプ別のスキンケアが大事

おでこや頬が脂っぽいのオイリー肌、目のまわりや口まわりが乾燥する乾燥肌。

さらにはその両方の特徴が混在する混合肌。

一言「肌トラブル」と言ってもその特徴は様々。それぞれの肌にあったスキンケアをしなければいけません。

 

間違った判断でスキンケアをしていると、いつまで経っても肌トラブルが改善しません。

自分の肌タイプを見極め、正しいスキンケアで改善していきましょう。

 

 

肌タイプを見極める

まずは自分の肌タイプを見極めましょう。

季節によって肌タイプが変わる人もいるので、季節や気候が変わるタイミングでしっかり確認しましょう。

最低でも夏と冬の2回はチェックするといいです。

 

肌タイプを見極めるのは、洗顔後30分がベストです。

  • オイリー肌の人は30分経過するとテカりはじめる
  • 乾燥肌の人は30分以内につっぱりはじめる
  • 混合肌は、オイリー肌と乾燥肌二つの特徴がそれぞれ現れる

それぞれの特徴が同時に現れる混合肌の方が非常に多いです。

ですので、顔や身体の一部で判断せず、それぞれの場所でベストな肌を見極めましょう。

 

 

肌タイプ別のスキンケア

スキンケア

自分の肌タイプがわかったら、正しい方法でスキンケアをしましょう。

 

オイリー肌(脂性肌)

  • 皮脂分泌が過剰なためTゾーン(額から鼻)がテカっている。
  • 毛穴が目立ち、ニキビなどのトラブルが多くなりがち
  • ファンデーションがあぶら浮きしてヨレやすい

 

原因

  • 食生活の乱れ
  • ホルモンバランスの崩れ
  • 気温の上昇の変化
  • 血行不良
  • 洗顔のしすぎ
  • 洗顔時間が長い
  • 脂っぽくなるからと保湿をあまりしていない

 

改善策

  • 甘いお菓子や油っぽいものの食事は控える
  • 不規則な生活リズムを正す
  • 必要以上に洗顔をしない
  • 化粧水はたっぷりとなじませて、乳液できちんとフタをする
  • 皮脂崩れ防止のできる化粧下地の使用を。
  • ファンデーションはオイルフリーのものを選び、
  • ファンデーションはリキッドよりパウダーの方がオススメ。最後は皮脂吸収のできるフェイスパウダーを。

 

皮脂が多いと、ついついガッツリ洗顔をしたくなると思いますが、洗浄力の強い洗顔料はNG。皮脂のとりすぎが逆に皮脂分泌を過剰にさせいる可能性が大きです。

また、ベタつきが気になり、あまり化粧水を使わないのも逆効果です。水分が足りず、肌が乾燥してしまい。結果、皮脂の分泌がより活発になってしまいます。

 

ポイント

  • 洗顔は優しく抑えめに。
  • 化粧水は惜しまずたっぷり。
  • 乳液のベタつきが気になるなら美容液で対応。さっぱりとしたジェルでの保湿もオススメ。

 

オススメ

どろあわわ

オイリー肌にオススメの洗顔料は「どろあわわ」です。

どろあわわは沖縄の海底からとった貴重な泥や火山灰から生まれた吸着成分が配合されていて、それによって毛穴の汚れや皮脂を優しく吸い取るように落としてくれることで評判の石鹸です。

毛穴の汚れや皮脂に悩むオイリー肌の方にぴったりの石鹸です。

ただし、敏感肌の方には少し刺激があったという声もあるので、敏感肌の方は注意してみてください。

 

 

ドライ肌

  • 目や口のまわり、頬の高いところが乾燥しやすい
  • 化粧が粉っぽくなる
  • 肌荒れを起こしやすい

 

原因

  • 睡眠不足
  • エアコンによる乾燥
  • 紫外線の影響
  • ストレス
  • 熱いお湯で洗顔をしている
  • 保湿が足りていない
  • 乾燥するからと油分に頼りがち

 

改善策

  • エアコンをつける場合、適度な加湿を心がける
  • 日焼け対策はしっかりとする
  • ぬるま湯&泡洗顔を心がける
  • 化粧水は惜しまずたっぷり使う。
  • パックや美容液を使い、保湿ケアを。
  • 化粧下地は保湿効果の高いものを。

 

優しい洗顔ととにかく保湿にこだわることが乾燥肌の改善策です。

 

ポイント

  • 目元口元の乾燥が気になる場合は、専用の美容液をなじませて
  • 保湿は表面だけを濡らすのではなく、肌の奥に水分を補給することが大事です。
  • 水分補給をしたら油分(乳液)で肌に「フタ」をすることが大事です。

 

オススメ

エトヴォス

乾燥肌の方には優しく洗える洗顔剤とセラミドが配合された化粧水がオススメです。

この2つの条件に当てはまるものだと、「エトヴォス」の医師監修の乾燥肌専用のスキンケアシリーズがオススメです。

エトヴォスの化粧品やスキンケア用品は@コスメでも評価が高く、多くの方にオススメできる製品です。

 

 

混合肌

オイリーな肌と乾燥肌が混じっている。

 

原因

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 環境の変化に対応できていない
  • オイリー肌/乾燥肌と間違えてスキンケアをしている

 

改善策

  • 洗顔は優しく泡洗顔を。
  • しっとりタイプの化粧水をコットンになじませ優しくパッティング
  • 乾燥の気になる場所は専用の美容液を使う。乾燥が激しい場合はクリームを。

 

ポイント

  • 乾燥肌にはセラミドが配合されたものもオススメ。
  • 乾燥肌の場所、オイリー肌の場所問わず、ゴシゴシ洗わずに優しく洗顔する。

 

オススメ

混合肌の場合も、乾燥肌と同じく、優しく洗える洗顔剤とセラミドが配合された化粧水がオススメです。

先ほど紹介した乾燥肌にオススメな「エトヴォス」もいいですが、混合肌なら様々な肌質の方に評判の「フェイシャル トリートメント エッセンス」の方がいいかもしれません。

SK-IIの「フェイシャル トリートメント エッセンス」は@コスメでも様々な肌質の方に評価が高くオススメです。

 

 

 

アトピー肌/ニキビ肌

アトピーやニキビ肌の場合、洗顔が大きな負担になっている可能性があります。

ですので、この場合は、アトピーやニキビが治るまで、石鹸などは使わず、ぬるま湯で優しく洗顔をし、保湿も肌に優しい低刺激な乳液やワセリンなどを使うことが大事です。

アトピーやニキビが治った後、上で紹介したような方法で肌質を改善しましょう。

 

 

 

 

洗顔がとにかく大事

スキンケア 洗顔

どの肌タイプの方でも正しい洗顔が一番大事です!

 

ぬるま湯ときめ細かく泡だてた洗顔料で優しく洗うのが基本です。

たくさん汗を書いた場合やメイクをしている場合も、できるだけオイルクレンジングのように洗浄力の強いものは避けたほうが無難です。

 

洗顔した後は、自分の肌質に合った化粧水や乳液で保湿しましょう。

化粧水や乳液の中にはたくさんの種類があり、中にはお値段が高いものも少なくないので、探すのは大変ですが、一度自分に合ったものを見つければ長く使えるのでキレイな肌を目指して根気よく頑張りましょう!

 

SK-IIの「フェイシャル トリートメント エッセンス」がバランスよく、@コスメでも、普通肌、乾燥肌、そして混合肌の3つの肌質に評判が良くオススメでです。