アダルトサイトにオススメな格安レンタルサーバー比較

アダルト向けのレンタルサーバー

アダルトサイトにオススメなレンタルサーバーを比較、紹介します。

 

アダルト向けサーバー比較

初期費用 月額 容量 マルチドメイン 転送量
FUTOKA 6,000円 1,980円 10GB 10個 20GB/日
KAGOYA共用サーバー 3,240円 1,728円 200GB 無制限 120GB/日
GMOクラウド 5,000円 934円 200GB 60個
FC2アダルト 7,000円 3,500円 10GB 10個

他、全てのレンタルサーバーでサーバーの他にデータベースを備えているので、WordPressを利用することができます。

 

 

アダルトサイトの基準は? もっとも安心なのはFUTOKA

KAGOYAは特に制限がないだけで、特別アダルトOKとしているわけではありません。

また一部ではアダルトに厳しくなってきたという評判もあります。現状、KAGOYAはアダルトなコンテンツもアダルトアフィリエイトも可で、問題ないはずですが、KAGOYA独自の基準があるのかもしれません。

 

GMOクラウドもアダルトサイトについては「ただし、アダルトサイトにかかわらず、法令又は公序良俗に反する内容は禁止とさせていただいております。」という曖昧な言葉が使われています。

「公序良俗」というのも曖昧ですから、アダルトのジャンルによってはNGなのかもしれません。

 

その点、FUTOKAは公式が「アダルトサイトの運営に最適」と銘打っています。公式ウェブサイトには以下のように書かれています。

FUTOKAはアダルトサイトの運営に最適なレンタルサーバーです。
1台あたりの金額は低価格のレンタルサーバーよりも高く設定されていますが
1台あたりの収容アカウント数を少なくし、最新の高性能なサーバーを利用していますので
アクセス数の多いアダルトサイトや風俗店サイト、18禁サイト、同人サイトの運営、公開に最適なアダルト向けレンタルサーバーです。

アダルトサイトはもちろん、風俗店や同人など様々なアダルトサイトに対応していることがわかります。

これならアダルトサイトのジャンルに限らず安心ですね。

 

 

 

まとめ

アダルトが利用可能なレンタルサーバーは非常に少ないのが現状です。

簡単なブログ程度なら無料ブログを使っても良いですが、本格的なウェブサイトやブログを作る場合はWordPress等を使ったほうが良いため、やはりレンタルサーバーを借りることになります。

普通にWordPressを使うならばエックスサーバーがオススメですが、エックスサーバーの場合アダルト利用はできません。

 

そのため、WordPressでアダルトサイトを作りたいと思っている方はKAGOYAやFUTOKA辺りから選ぶことになると思います。

当サイトではFUTOKAがオススメです。二週間のお試し期間があるので、気になる方はお気軽に試してみてください。

FUTOKAレンタルサーバー







Instagram