さかなクンが語るいじめ問題|広い世界へ出ていくことの大切さ

さかなクン いじめ問題

さかなクンのいじめに対する考え方がとても素晴らしいので紹介します。

 

広い海へ出てみよう

以下の文章は2006年にさかなクンがいじめ問題に関して発言した内容です。

いじめ問題に関して非常に重要で、核心をついた発言をしています。

 

中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。

でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。)

 

この環境に対する考え方は学校でのいじめ/自殺問題の根本、真理といっても良いほどの話でしょう。

子供や学生は学校という狭い世界を世界の全てと勘違いしてしまいがちです。

しかし、それは大きな間違いです。当たり前は当たり前じゃ無い。学校という狭く暗いコミュニティにいると忘れてしまいがちなことを思い出してください。

 

学校は陰湿です。外の影響を大きく受ける割りに、内部で起こっているいじめや差別は全くといって良いほど外にでず、問題にされません。

学校とはそういう場所です。先生という世の中のごくごく一部の大人によって支配された陰湿で醜悪な場所です。

 

さかなクンの話と同じです。世の中には様々な場所があり、そこを自由に行き来できるからこそ学校には価値があるのです。家庭や地域の遊び場、友達の家など、様々な場所があるからこそ学校で学ぶことにも価値がある。

学校という狭い世界に篭ってしまうと、周りが見えなくなり、学べるものもなくなります。そしていじめや差別、暴力が起こった時に逃げられなくなります。

 

 

 

まとめ

人は、学校という狭いコミュニティに閉じ込められる必要はありません。

もし、学校という陰湿な世界で悩んでいる人は一歩外に出てみてください。

差別に耐える必要もいじめに立ち向かう必要もありません。やるべきことは学校から逃げることです。

逃げる勇気を持ってください。

引用元:朝日新聞2006年12月2日







Instagram