WordPress専用サーバーのwpXクラウドとエックスサーバーの違い

wpXクラウド

wpXクラウドとエックスサーバーの違いについて解説します。

 

wpXクラウドとは?

wpXクラウドとはエックスサーバー社が提供するWordPress専用クラウドサーバーです。

WordPressに合わせてチューニングされたクラウドサーバーをレンタルサーバーのような気軽さで使えるのがwpXクラウドの魅力です。

 

 

エックスサーバーとwpXクラウドの比較表

名前 エックスサーバー  wpXクラウド
月額 900円~ 500円~
初期費用 3,000円 0円
容量 200GB 10GB
転送量 70GB/日 300GB/月
MySQL 30個 1個
マルチドメイン 無制限 1個
サポート 電話・メール 電話・メール
自動インストール あり (WordPress日本語版) あり
お試し期間 10日間 14日間
上位プラン 有り  有り

 

 

エックスサーバーとの違いと特徴

エックスサーバーとwpXクラウドは真逆の特徴を持つレンタルサーバーです。

エックスサーバーは大容量で、自由度が高く、各種機能も無制限 or 余裕があり、様々なサイトを複数展開することが可能なレンタルサーバーです。

一方、wpXクラウドは制限が多く、機能は全てWordPressに特化してチューニングされています。また使用できるサイトはWordPress 1サイトのみで、今後アクセスが多くなる可能性のあるWordPressサイトを1サイトのみ運営するのに向いています。

 

 

それぞれの選び方

利用するサイトがシンプルなWordPressで作られたサイト1つのみで、サイトの表示速度高速化など、面倒なことをしたくない場合はwpXクラウドでも良いでしょう。

一方、サイトを2つ以上作りたい、WordPressをマルチサイト化などカスタマイズして使いたい、WordPress以外のシステムを使いたいという場合はエックスサーバーをでなければできません。

 

基本的には自由度の高さやコスパの良さからエックスサーバーをお勧めしますが、利用するのはWordPress 1サイトのみで、WordPressのカスタマイズをしない・したくない場合にはwpXクラウドを選んでみても悪くないかもしれません。

 

wpXクラウド公式サイト → wpXクラウド

エックスサーバー公式サイト → エックスサーバー

 

[関連記事]







Instagram