楽天カードは未成年でも作れるのか?|18歳から作れます!

楽天カード 未成年

楽天カードは18歳から作ることができます。

ただし、未成年の場合は親の同意が必要です。

 

楽天カードに申し込めるのは何歳から?

楽天カードは18歳から作ることが可能です。

ただし、高校生は不可です。高校生でも作れるクレジットカードは原則ないので、各種クレジットカードの中ではもっとも年齢制限が低い基準になっていますね。

事実、通常の楽天カードの申し込み資格は非常にシンプルで、申し込みの条件は年齢しかありません。

満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)

※高校生は除く

 

つまり、大学生でもニートの方でも申し込みは可能です(受かるかどうかはまた別ですが苦笑)。

また、未成年の方の申し込みには、親の同意が必要となります。

 

 

親の同意とは

具体的に親の同意とはなんなのか?

カード会社によっても多少変わりますが、楽天カードの場合は家に「保護者宛に電話がかかってくる」というものです。

 

中にはクレジットカードを親バレせずに作りたいと言う方もいるかと思いますが、親にバレずに楽天カードを作る方法は残念ながらありません。

なぜなら、20歳未満の未成年者には、必ず本人確認の電話と自宅へ親に電話がかかることになっているからです。

ですので、親に同意を得たことにして申し込むといったことはできません。トラブルや混乱を避けるためにも、申し込む前に親にクレジットカードを発行するということを伝えておきましょう。

 

 

18歳、大学生でも、収入がなくても大丈夫!

楽天カードは未成年が作れるクレジットカードの中でも特に審査が甘いカードです。

そのため、バイトをしていようが、学生であろうが、ニートであろうが、「過去に自己破産をしている」「現在多くの借金を背負っている」などよほど条件が悪くない限り通ります。

 

特に学生や実家暮らしの場合は、親の信用も加味することができるので有利です。

学生の場合、以下の条件に合致していると特に審査に有利になります。

  1. 実家(持ち家)に住んでいる (自分 or 家族に資産があるとみなされる)
  2. ちゃんとした大学に在学している (学費を払うだけの財力がある家庭とみなされる)
  3. 世帯収入が350万円以上
  4. 運転免許証を持っている

また、いくら審査が甘いといっても、中には落ちる人も当然います。申し込みの際には無職ではなく、学生、フリーターと記入するなど嘘をつかない範囲で少しでも印象が良くなるように書きましょう。

申込後、親御さん確認の電話がかかってくれば、その時点でほぼ審査合格です。

 

オススメ記事