楽天カードの国際ブランドはどれがいいか|選び方と違いを解説

楽天カードの国際ブランドはVisa、Mastercard、JCB、American Expressの4つの中から選べます。

クレジットカードの国際ブランドとは、日本国内だけでなく、世界中で利用できるクレジットカードのブランドのことで、ブランドごとに利用できる国や地域、店舗が異なります。

主な楽天カードには、「American Express」「Mastercard」「VISA」「JCB」のいずれかの国際ブランドを付帯しておりますので、お客様のライフスタイルに合わせてお選びください。

出典元:選べる国際ブランド|楽天カード

国際ブランドに関しては「お客様のライフスタイルに合わせてお選びください。」とありますが、具体的に国際ブランドごとにどのような違いがあるのか?選び方は?オススメは?と疑問に思っている方もいるかと思います。

そこでこの記事では楽天カードを作る場合、どの国際ブランドを選べば良いのか解説したいと思います。

公式サイト:楽天カード

国際ブランドの種類、違い

楽天カードで選ぶことができる4つの国際ブランド「Visa」「Mastercard」「JCB」「American Express」の特徴や違い、楽天カードを作る際に選んだ場合のメリットとデメリットを解説します。

Visa

全世界で圧倒的なシェアを誇る国際ブランドで、世界200以上の国や地域、4,600万カ所以上の加盟店で利用可能です。

国内外問わず加盟店(対応しているお店)が多いので、Visaを選んでおけば「クレジットカード(楽天カード)が使えなくて困った…」ということはまずありません。

参考:楽天カードは海外で使えるのか?大事なのは国際ブランド

Visaはとてもオススメ!

楽天カードを作る場合、国際ブランドはVisaがオススメです。Visaは加盟店が多く、サービスに癖もないので使いやすいためです。

さらに楽天カードのVisaは「タッチ決済」に対応したクレジットカードになっています。

タッチ決済であれば店頭で専用の端末に楽天カードをかざすだけで支払いが可能です。サインや暗唱暗号の入力が不要になるのでとても便利です。

楽天カードでタッチ決済を利用するにはVisaかMastercardを選ぶ必要があります。

また、Visaブランドの楽天カードを持っている方は2枚目の楽天カードを追加できるので(一人で楽天カードを2枚持てる)、後から別ブランドの楽天カードを保有することもできます。

Mastercard

MastercardはVisaと同様に世界中で利用できる国際ブランドで世界210カ国以上の国々、4.400万カ所以上で利用可能です。

特にヨーロッパで加盟店が多いのが特徴です。

ちなみに日本国内の「コストコ」で使える唯一の国際ブランドでもあります。

Mastercardもとてもオススメ

Visa同様、Mastercardもとてもオススメです。

楽天カードの場合、Mastercardを選ぶとVisaと同様にタッチ決済を使うことができます。

すでにVisaのクレジットカードを持っている場合はMastercardを選ぶと良いですね。

JCB

JCBは日本で生まれた国際ブランドです。加盟店は世界で約3,300万店。

JCBは日本国内の加盟店数は1位です。一方で海外では加盟店が少ないので使えないお店が多いです(アジアやハワイ、グアムなど日本人に人気のエリアでは普及しています)。

ちなみにJCBはアメリカの大手ブランド「Discover」(ディスカバー)と提携しているので、アメリカではJCBだけでなくDiscoverの加盟店でも利用できます。

JCBはあまりオススメしない

JCBは日本ではそれなりに普及していますが、海外で使える店は多くありません。利便性に乏しいので、VISAかMastercradを選んでおいたほうが無難でしょう。タッチ決済も使えませんし、JCBならではのメリットはあまりありません。

ただし、すでにVISAかMastercradを保有しているなら、JCBを選ぶのも悪くありません。

また、楽天銀行のキャッシュカードと一体型のクレジットカード「楽天銀行カード」は選べる国際ブランドがJCBしかありません。

American Express

「American Express」(アメリカン・エキスプレス。略称はアメックス)は富裕層向けのエンターテイメントや旅行に関するサービスが充実しており、ステータスが高いクレジットカードとして有名です。

一方で加盟店の数はあまり多くないため、たまに使えないお店があります。

しかし、日本ではJCBと提携しているため、JCBが使えるお店であればアメックスも利用できます(必ず利用できるわけではないので注意)。そのため日本国内ではVisaやMastercardほどではありませんが多くのお店で使うことができます。

アメックスはオススメしない

アメックスは加盟店が他のブランドと比べて少ないため使えるお店が国内外共に少ないです。

特に楽天カードの場合はアメックスの強みである旅行やエンターテイメント分野の特典も乏しいので選ぶメリットはなしです。ステータス性の高さも無料で発行できる楽天カードのアメックスにはありません。

参考:楽天カードのアメックスは使えない?|メリットとデメリットを解説

一方でアメックスはステータスが高い故にどのカードも年会費がかかります(条件付きで年会費が無料になるカードはあります)。しかし、楽天カードのみ完全に無料でアメックスを発行することができます。

どうしても年会費無料でアメックスを持ちたいという場合は選択肢になるでしょう。

楽天カードの国際ブランドの選び方

楽天カードを作るにあたって、どの国際ブランドがオススメなのか?

結論としてはVISAかMastercardがオススメです!

基本的には既にどちらかのブランドを持っているなら持っていない方のブランドを選び、どちらも持っていないならVisaを選ぶと良いでしょう(大差ないのでMastercardの方が好みならMastercardでもOKです)。

JCBはこだわりがある方やVISAとMastercardどちらも既に持っているなら選んでも悪くありません。

アメックス(アメリカン・エキスプレス)は基本的にオススメしません。

既に他のブランドのクレジットカードを持っていて、どうしてもアメックスが必要という場合や年会費が完全に無料のアメックスが欲しいというなら選んでもいいと思います。

ただし、楽天カードはカードの種類によっては選べる国際ブランドが限られているので注意しましょう。

楽天カードの中でもオーソドックスなカードである「楽天カード」「楽天PINKカード」「楽天プレミアムカード」であれば4つのブランドの中から好きなものを選ぶことができます。

まとめ

国際ブランドが選べないクレジットカードも多いので、4つのブランドから国際ブランドを選べる楽天カードは嬉しいですね。

ぜひ自分のライフスタイルに合わせて最適なブランドを選んでみてください!

なお、楽天カードは国際ブランドの切り替えはできません。どうしても楽天カードの国際ブランドを変更したい場合は、1度解約してから、再度申し込む必要があるので注意してください。

楽天カードは年会費が永年無料なので、気になる方は気軽に一度、作ってみるといいでしょう。

審査の難易度も高くないので安心です。

公式サイト:楽天カード