楽天カードを一人で2枚持ちできる!2枚目を作る方法とメリット・デメリット

楽天カードは一人(同一名義)で2枚作ることができます。

楽天カードを2枚持ちする条件

2枚目の楽天カードを発行する場合の方法や条件について解説します。

楽天カードを一人で2枚作るためには、1枚目の楽天カードが以下の条件を満たしている必要があります。

  • 一般カードであること
  • カードの国際ブランドがVISAであること

それぞれの条件について解説します。

一般カードであること

一般カードというのはノーマルの楽天カードのことです。

国際ブランドがVISAであっても、以下の楽天カードの場合は2枚目の楽天カードを発行することはできません。

  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ブラックカード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天カードアカデミー
  • 楽天銀行カード(キャッシュカード一体型)
  • 楽天ビジネスカード

国際ブランドがVisaであること

楽天カードの国際ブランドは以下の4種類の国際ブランドから選ぶことができます。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express

2枚目の楽天カードが作れるのは、1枚目の楽天カードがVisaの場合のみです。

1枚目の楽天カードがVisa以外の場合は残念ながら2枚目の楽天カードを発行することはできません。

条件以外の楽天カードの場合は一度解約する必要あり

1枚目の楽天カードが条件に合わない場合は追加カード(2枚目の楽天カード)を発行することはできません。

どうしても楽天カードを2枚持ちたい方は一度解約して条件に当てはまる楽天カード(Visaブランドの楽天カード(一般カード))を作りましょう(楽天カードは国際ブランドの切り替えはできません)。

一度解約すると再発行する際に再び審査がありますし、カード番号も変わってしまうので注意しましょう。

2枚目の楽天カードを発行する方法

2枚目の楽天カードを発行(追加)する申し込みはカンタンです。

楽天カードの会員ページ「楽天e-NAVI」からカンタンに追加の申し込みをすることができます。

楽天カードを追加する手順

  1. 「楽天e-NAVI」へアクセス、ログイン
  2. 「お申込み(カード/サービス)」を選択
  3. 「カードのお申し込み」という項目の中の「2枚目のカードの作成・切り替え」を選択
  4. 2枚目に希望する楽天カードを選択
  5. 本人情報の変更有無の確認
  6. デザインを選択
  7. 申し込み完了

楽天カードの追加には審査あり

2枚目の楽天カードの追加には審査が必要です。

一度、楽天カードの審査に通っているとはいえ、2枚目の追加カードはランクも変わる可能性があるので(例:1枚目はノーマルだが、2枚目はゴールドカード)、追加カード発行の審査に落ちる可能性もゼロではありません。

審査に落ちてしまった場合は当然ですが2枚目の追加カードを持つことはできません。ただし、万一追加カードの審査に落ちしてしまったとしても既存のカードはそのまま利用することができるので安心してください。

追加できる2枚目の楽天カードについて

2枚目の楽天カードとして発行できるのは以下の楽天カードです。

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード

また、楽天カード(一般カード)のMastercardかJCBを選んだ場合、通常の銀のデザインは選ぶことができないので注意しましょう(「お買いものパンダ」や「楽天イーグルス」のデザインになります)。

楽天カード 楽天イーグルス楽天カード お買いものパンダ

選べる国際ブランドについて

2枚目の楽天カードで選べる国際ブランドはMastercard、JCB、American Express(アメックス)の3種類です。

1枚目と同じVisaを選ぶことはできないので注意してください。

オススメはMastercard

2枚目の楽天カードはMastercardを選ぶのがオススメです。

MastercardはVisaと同様に加盟店(使えるお店)が多いので便利です。

*参考

楽天カードを2枚持ちするメリット、デメリットと疑問点

楽天カードを2枚持ちする場合のメリットとデメリット、注意点等を解説します。

楽天カードを2枚持ちするメリット

まずはメリットから解説します。

カードを使い分けられる

1枚目は公共料金の支払い用、2枚目は買い物用といった具合にカードを使い分けることができます。

例えば、公共料金や携帯料金、サブスク(SpotifyやNetflix、Amazon Primeなどの定額制サービス)などの毎月支払いがあるものは家に大切に保管しておく1枚目のカードで決済し、持ち歩くカードは2枚目のカードで決済という風に分けておけば、持ち歩くカードを出先で紛失しても、普段の支払いを切り替える必要がないの楽です。

引き落とし口座もカード毎に設定できるので、用途別にカードを使い分けられます。

複数の国際ブランドをカバーできる

お店やサービスの中にはVisaしか使えないお店(サービス)やMastercardしか使えないお店(サービス)があります。Visaの楽天カードを使おうと思ったら、Mastercardしか対応していなかったという事態も起こりうるわけです。

複数の国際ブランドを持てば、そのような事態を減らすことができます。

また、特定の国際ブランドを対象とした特典やキャンペーンが開催されることもあります。例えば、Amazonでは以前、アメックスを使うことで割引がされるキャンペーンがありました。

複数の国際ブランドを持つことで、キャンペーンなど得する機会を逃さないようにできます。

紛失、盗難にあった際の予備になる

楽天カードが2枚あれば1枚目を紛失してしまったり盗難された際に2枚目を予備として活用することができます。

特に海外旅行中などすぐに別の現金やクレジットカードを準備できない時にクレジットカードを無くした場合に備えて、予備のカードは準備しておくのはとても重要です。

楽天カードを2枚持ちするデメリット

続いてはデメリットです。

2枚持ちできるカードに制限がある

追加カード発行の条件でも触れましたが楽天カードは無条件に2枚持てるわけではありません。

1枚目はVisaブランドの楽天カード(一般カード)である必要があります。2枚目の楽天カードもなんでも好きなカードを選べるわけではありません。

2枚持ちできる楽天カードに条件があるのは少々残念な点ですね。

新規入会特典はもらえない

当たり前といえば当たり前なのですが2枚目の楽天カードを発行した際は新規入会特典はもらえません。

海外旅行保険の補償額は合算されない

クレジットカードを複数枚持っている場合、一部例外をのぞいて海外旅行保険の補償額は合算されます。

しかし、楽天カードは2枚持っていても海外旅行保険の補償額は合算されません。

2枚持ちの注意点や疑問点

楽天カードを2枚持ちする場合の注意点や疑問点を解説します。

3枚作ることはできない

楽天カードは2枚までしか持てません。3枚以上持つことはできません。

すでに持っている楽天カードのカード番号は変わらない

2枚目の楽天カードを発行しても、すでに持っている楽天カードのカード番号は変わりません。

なので安心してそのまま使い続けることができます。

引き落とし口座は別々に設定できる

メリットの項目でも少し触れましたが、楽天カードは1枚目と2枚目、それぞれ別の口座から引き落としをすることができます。

ちなみに引き落としの設定をしなければ、1枚目と同じ銀行口座から引き落とされます。

利用限度額は増えない

楽天カードを2枚持ちしてもそれぞれに限度額が設定されるわけではありません。利用限度額は2枚のカードの大きい方が採用されます。

また、限度額は個人の与信によって決まるので2枚で限度額をシェアする形になります。

例えば、限度額が60万円の場合、

  • 1枚目のカードで40万円
  • 2枚目のカードで20万円

これで利用枠は全て使い切ったことになります。

ポイントはまとめられる

二枚の楽天カードどちらを使っても、ポイントは一元管理できます。

例えば、

  • 1枚目のカードで300ポイント
  • 2枚目のカードで700ポイント

このようにポイントを獲得したら、合算されて楽天のアカウントに1,000ポイント付きます。

まとめ

2枚持ちができるクレジットカードはあまり多くありません。

有名なカードだと「三井住友VISAカード」くらいです。

楽天カードの2枚持ちには多くのメリットがあります。年会費無料の楽天カードを選べば追加料金もかからないのでオススメです。

公式サイト:楽天カード