「御社」と「貴社」の違い、使い分け

御社と貴社

面接、履歴書、エントリーシート、御礼状、メールなど。

就活やビジネスでは、正しい敬語を使わなくてはいけません。その際、混乱しやすいのが「相手の会社」の事。

「相手の会社」は敬語では「御社」と「貴社」の2種類があるため混同しやすく間違いやすいです。

「御社」と「貴社」の違い、使い分けについて解説します。

 

「御社」と「貴社」とは?

「御社」と「貴社」は「相手の会社」の敬称 (尊称)です。

相手の名前を呼ぶとき、人の名前に「様」をつけて呼ぶのと同じです。

また、その呼び方から会社に対して使うように感じますが、企業だけでなく、団体・協会・組織に対しても使用されることがあります。ただし、昨今は団体や組織によって敬称 (尊称)を変えることがあります。

 

 

「御社」と「貴社」の使い分け、違いとは

本題である「御社」と「貴社」の違いですが、その使い分けは覚えてしまえば簡単です。

その違いは以下のとおり。

 

  • 御社は「話し言葉」
  • 貴社は「書き言葉」

 

つまり、人と話す際、口頭で使う際は「御社」。手紙や履歴書、メールなど、文面で使う際は「貴社」となります。

とはいえ、「御社」と「貴社」、どちらを使用しても間違いではありません。一番の間違いは2つの言い方を混在してしまう事です。

例えば、面接中に「貴社のxxxに興味を持ちました」とアピールした後で、「御社のxxxで活躍できると思います」と言ってしまったり、同じメール文の中で2つの表現を使ってしまった場合などですね。

使い分けるのが一番ですが、わからなくなってしまったらせめてどちらかに統一して文章を構成しましょう。混ぜて使うのは最もNGです。

 

 

「御社」と「貴社」を使い分ける理由

「御社」と「貴社」を使い分ける理由は「貴社 (きしゃ)」には同音異義語が多いためです。

 

例えば電話で「”きしゃ”の一員として頑張りたい」と言った場合、「貴社の一員として頑張る」のか「記者の一員として頑張る」のかわかりません。

極端な例だと「”きしゃ”の”きしゃ”が”きしゃ”で”きしゃ”する。」なんて何を言いたいのかわかりませんよね。 (貴社の記者が汽車で帰社する。)

このように「貴社」には同音異義語が多く、漢字がわからない話し言葉では不便なので話し言葉では「御社」と言います。

 

 

 

まとめ

ついつい間違いそうになってしまう「御社」と「貴社」。

メールや履歴書、面接の前には一度、改めて調べておきましょう。



follow us in feedly