生産性を上げるためには、マルチタスクを絶対にやってはいけない

マルチタスク

マルチタスクをすると生産性が40%も下がってしまうという研究結果を紹介します。

 

マルチタスクは生産性が40%下がる!?

 

 

こちらの「ライフハック大全」に興味深い研究結果が紹介されています。

 

アメリカ心理学会のとある研究によれば、2つの作業をマルチタスクに切り替えながら行うのと、シングルタスクで1つが終わってからもう片方を行うのでは、どうしてもマルチタスクのほうが遅くなったという報告がされています。そのロスは、シングルタスクに比べておよそ40%というのですから見過ごせません。

 

マルチタスクは効果がないどころか、シングルタスクと比べて40%もロスが発生したという研究結果です。

これは驚きですね。

著書によれば、「自分はマルチタスクが得意だ!」という人も、それは「できているつもり」なだけとのこと。

どんな人物でも、2つの仕事やタスクを同時にこなすことはできないというのです。

 

大切なのはシングルタスク!

生産性を高める上で重要なのはとにかくシングルタスク。

「一度に行う仕事は、1つだけ」という絶対のルールを自分に課すことが、生産性を高い状態でキープする方法とのことです。

 

また、電話待ちをしているときのように、どうしてもマルチタスクをしなければいけないという場合は、一体何を同時に進めているのか付箋に書き留め、頭のメモリーを複数のことに使わなくても良いように(頭の片隅に目の前の仕事と別の仕事を覚えておかなくて良いように)することが大切です。

 

マルチタスクは絶対NG

マルチタスクは一見、複数の仕事を同時にこなしているように見えますが、実際は、複数のタスク(仕事)を細かく切り替えているだけです。

このタスクを切り替えるというのが最も負担がかかることなので、マルチタスクをすると生産性が40%も落ちてしまうんですね。

勉強や仕事などをこなす時は、マルチタスクは絶対にNGということを念頭に置き、シングルタスクを絶対に心がけましょう。