自由にお金を使うには収入を増やすより、節約が重要です。

節約の大切さ

生活費だけで持ってるお金が全て消えてしまうのは健全な状態ではありません。

貯金したり、欲しいものを買ったりとゆとりのある生活をするためには「自由に使えるお金」を確保する事が重要です。

そのためには収入を増やすことも重要ですが、まずは節約を始める事が重要です。

 

節約・倹約の重要性

お金に困らないゆとりのある生活を送るためには、「自由に使えるお金」を確保し、増やすことが重要です。

自由に使えるお金とは、ローンや生活費のように、稼ぐ前から使い道が決まっていないお金のことです。

 

使い道が決まっていない自由に使えるお金を増やすためには、収入よりも支出を少なくすることが絶対の条件です。

「収入>支出」この法則が絶対です。

 

 

効果的なのは収入を増やすことだが…

自由に使えるお金を増やすためには、収入よりも支出が減るように節約、倹約するのが重要です。

もちろん節約・倹約には限界がありますから、収入を増やす方が効果的です。

使うお金はどれだけ減らしても0円ですが、収入は基本的に青天井ですから当然のことです。

 

しかし、いくら稼げるお金に限界がないとはいえ、現実的には収入を増やすのは簡単ではありません。

よほど才能がある起業家や投資家でもない限り、収入が日々増えていくことなどありえません。

もちろん、世の中には収入を増やすのが得意な人もいます。節約するよりも、「収入も支出も豪快に増やす」という方もいるでしょう。

 

しかし、多くの人はそのような方法で健全な家計を保つことができませんし、そもそも収入を増やせません。

 

 

節約・倹約が非常に重要

現実的に収入に限りがあるからこそ、自由に使えるお金を増やすために節約・倹約が非常に重要です。

また、多くの人は適切なお金の使い方も知りません。

お金はあればあるほど困らないと言いますが、現実的には突然1億、10億というお金を手に入れても持て余し、中途半端な贅沢で終わるか、散財し、常識的な感覚を失って庶民に戻る、または泥棒や強盗のリスクをむやみやたら増やして終わるだけです。

 

お金があれば、収入が増えれば健全な家庭、家計を作れるかと言えばそんなことはないのです。

 

収入や支出は直接関係ありません。

正しい金銭感覚、お金の賢い使い方を覚えるためにこそ節約や倹約が重要なのです。

 

 

 

まとめ

収入が増えたり、嬉しい臨時収入があったとしても、散財してしまえば家計は苦しいままです。

また、万が一収入が減ったり、病気等で突然の出費があれば家計はさらに苦しくなります。

収入の増減に適切に対応するためにも、節約・倹約を心がけ、お金の知識や使い方を学び、正しい金銭感覚を身につけることが重要です。

 



follow us in feedly