格安SIM「mineo」はSIMフリーのスマフォでしか使えないのか?

mineo SIMフリー

格安SIMであるmineoはプランと端末によってはSIMフリーではないスマフォでも使うことができます。

この点について詳しく解説します。

 

SIMロックの解除は不要

mineoはau回線とdocomo回線の2種類の回線を選ぶことができます。

回線が同じであれば、SIMフリーではない、SIMロックがかかっているスマフォでも使うことができます。

つまり、au回線を契約すればauのスマフォ、docomo回線を契約すればdocomoのスマフォがそのまま使えます。

 

なぜ同じ回線同士ならばSIMロックを解除する必要がないのか?

それは大手キャリアではLTE対応端末に「L2ロック」をかけていないからです。

 

 

L2ロックとは

L2ロックとは「レベル2 SIMロック」の略です。

SIMロックは同じキャリアのSIMカードしか使えないようにスマフォに制限を加える仕組みです。

L2ロックは同じキャリアの特定のSIMカードしか使えないよう制限を加える仕組みで、言ってみれば「非常に厳しいSIMロック」です。

 

以前はauもdocomoもL2ロックをかけてスマートフォンを販売していたのですが、最近の端末ではL2ロックをかけずに販売しています。

mineoの公式サイトによれば、現在docomoで約300種類、auで約100種類のスマフォがSIMロックを解除せずそのままmineoで使えるようです。

 

 

 

まとめ

格安SIMでいくら月々の通信料金が節約できると言っても、新しい端末を買う必要があると、出費が大変になってしまう可能性がありますよね。

むしろ下手に買い換えたら損をしてしまう可能性も…

最近では大手キャリアがSIMロックを解除してくれるようになりましたが、条件があったり手数料が必要だったりと面倒です。

 

しかし、mineoであれば端末と回線が対応していれば現在使っているスマートフォンをSIMロックを解除することなくそのまま使うことができるのでお得です。

現在、docomoやauのスマートフォンを使っている方はmineoを使ってみてはいかがでしょうか?




follow us in feedly