格安SIM「mineo」とは?|メリット・デメリットまとめ

mineo メリット・デメリット

ドコモとau、2種類の回線から選べる格安SIM「mineo」の特徴やメリット・デメリットを紹介、解説します。

 

mineoとは

「mineo」はケイ・オプティコムが提供する格安モバイルデータ通信サービス(格安SIM)です。

ちなみに「mineo」の読みは「ミネオ」ではなく「マイネオ」と読みます。

 

mineoは音声通話機能付きで月々わずか1400円~という価格設定と他の格安SIMにはない特徴的なサービスで人気を集めています。

ここではそんなmineoの特徴的なサービスやメリット、デメリットを解説しています。

mineoへの入会を検討している方は参考にしてください。

  • 公式サイト:mineo

 

 

mineoのメリット

 

LTEも通話もできるのに安い

mineoのデュアルタイプというプランは月に1GBまでLTEによる高速通信が可能で、音声通話機能も付いているのですが、それがわずか月額1590円で利用できます。

データ通信専用プランのシングルタイプが月額980円なので、610円を上乗せするだけで音声通話もできるというわけですね。

この金額は他社の格安SIMと比べて最安クラスです。

 

 

容量追加オプションが安い

mineoは容量を使い切ると速度が200kbppに制限されてしまいますが、パケットチャージという容量追加オプションを利用すればその制限を解除することができます。

 

容量追加オプション自体は多くのMVNOで提供しているサービスであり、さほど目新しいものではありませんが、mineoのパケットチャージは100MB単位で購入することができ、価格は150円です。

かなり少ない単位で購入できるので、旅行などで1日分だけ追加の通信量が欲しいという場合に助かります。

 

もっとも、旅行などで少しだけ欲しいという場合には後述する「フリータンク」が便利です。

 

 

最低利用期間がない

mineoには最低利用期間がありません。

データ通信専用のSIMはもちろん、通話SIMも最低利用期間がなく、違約金もありません。

データ通信専用SIMで最低利用期間や違約金がないのは一般的ですが、通話SIMでも最低利用期間や違約金がないのは珍しく、良いですね。

 

ただし、通話SIMの場合、ご利用開始月の翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合は、MNP転出手数料12,420円がかかってしまします(13ヶ月目以降は2,160円。

この点には注意が必要です。

 

 

容量を繰り越せる

mineoでは使いきれなかった容量を翌月に繰り越すことができます。

ただし、有効期限は翌月末日までなので、繰り越せるのは翌月までです。

 

 

繰り越した容量を家族と共有できる

使いきれず繰越した容量は、自分で使うだけでなく、家族と共有することもできます。

この仕組みをパケットシェアと言います。

パケットシェアができる家族は同居(同じ住所で契約している家族)のみで、シェアできる回線は5回線までです。

 

 

フリータンク

mineoには「フリータンク」という機能があり、毎月最大1GBを無料で手に入れることができます。

なぜ無料で通信量がもらえるのかというと、フリータンクは他のユーザーが寄付してくれた通信量だからです。

 

mineoでは通信量が余った場合は、フリータンクというシステムに寄付することができます。

そして、寄付された通信量はフリータンクに貯まり、寄付された通信量はmineoユーザーなら誰でも一ヶ月に1GBまで無料で引き出して使えます。

つまり、mineoは毎月最大1GBを無料でもらえるということです。

 

ただし、これはあくまで善意のシステム。

世の中にはフリータンクを「mineoは無料で毎月1GB通信量がもらえる!」と宣伝する人もいますが、あくまでユーザー同士の支え合い、善意を前提としたシステムですのでその点はよく考えて利用するようにしましょう。

mineoの公式サイトでも言われていますが、基本的には毎月3GBでやりくりしている人が、たまたまある月だけ旅行が多く通信料が足りなくなってしまったといった場合に使うシステムです。

 

フリータンクは基本的に助け合いのシステムですので、旅行や出張が重なったなどして足りなくなってしまった月だけ引き出すようにしましょう。

 

 

口座振替も可能

mineoでは通常、クレジットカード払いにしか対応していません。

しかし、mineoと同じケイ・オプティコムが運営する「eo光ネット」を口座振替で契約している方は、mineoも口座振替で利用することができます。

 

 

無料でメールアドレスがもらえる

docomoやauなどの大手キャリアと契約すると、キャリアのメールアドレスがもらえますよね。

しかし、格安SIMでは基本的にそのようなサービスはありません。

一方、mineoではキャリアと同じように、契約するとメールアドレスがもらえます。

 

ですが、mineoのメールはメールの保存容量がわずか200MBしかなく、しかも60日間しか保存されません。

また、プッシュ通知ができないなどの問題もあります。

どう考えてもGmailやYahoo!メールなどの無料メールの方が便利で高機能なのが残念なポイントです。

 

 

IP電話が無料に

LaLa Callのメリット・デメリット

mineoを提供するケイ・オプティコムは「LaLa Call」という月額100円(税抜き)のIP電話アプリも運営しています。

mineoの会員はこの「LaLa Call」を毎月100円引きで利用することができます。

「LaLa Call」は月額100円なので、実質無料で利用できます(ただし、ユニバーサルサービス料が別途かかります)。

 

データ通信回線のみの契約でも、無料で電話番語が持つことができ、通話ができるので、音声通話機能がないシングルタイプのプランを利用している方はぜひ利用したいサービスです。

ただし、LaLa Callに会員登録するには携帯電話かPHSの電話番号が必要ですので、電話番号をLaLa Callだけで済ませるということは残念ながらできません。

 

 

セルスタンバイ問題が起きない

Android端末の場合、データ通信専用SIMを使っていると、バッテリーを極端に消耗してしまう問題が起こる可能性があります。

しかし、これは3G回線を利用した場合に起こる問題のため、3G通信が使えないauの格安SIMであればこの問題が起こりません。

ですので、mineoもauプランを選んでおけば、セルスタンバイ問題は起こりません。

 

 

余った通信量を誰とでも分けあえる

mineoには「パケットギフト」というサービスがあります。

これ自身の余った通信量(パケット)を誰でも好きなユーザーと分け合えるサービスです。

ユーザーに制限はないので、家族、友達誰とでもわけ合えます。

 

 

パケットシェア

mineoでは余った通信量を翌月に繰り越すことができます。

パケットシェアというサービスを利用すれば、持ち越した通信量を同じグループ内でシェアすることができます。

パケットシェアのグループには同じ住所の家族が5人まで参加できるようになっています。グループのメンバーは事前にmineoのマイページからメンバー登録をしておく必要があります。

 

パケットシェアを使えば、家族の誰かが通信量を持て余しても、他の家族がそれを無駄なく使い切ることができるので便利です。

 

 

 

mineoのデメリット

mineoのデメリット

 

auプランは使える端末が少ない

mineoというよりもauの格安SIM全般の問題ですが、使える端末がdocomoやSoftBankと比べて少ないという問題があります。

 

au回線の格安SIMはauの端末かSIMフリーの端末で使うことができます。

しかし、mineoはLTE専用の格安SIMであるため、3G通信しかできないスマートフォンには対応していません。

また、SIMフリー端末であっても、auの通信方式に対応していないスマートフォンは使えません。

auの通信方式(CDMA2000)は珍しいので、対応している機種は少ないです。

 

使える端末が少なくて困るという方は、auプランではなく使える端末が多いドコモプランを契約しましょう。

 

 

auプランはiPhoneでテザリングが使えない

mineoはauプラン(Aプラン)の場合、iPhoneのテザリングが使えません。

mineoのSIMを挿したiPhoneでテザリングをしようと考えている方は要注意です。

 

 

3Gデータ通信に対応していない

mineoのauプランは3G回線によるデータ通信に対応していません。

現在、auのLTEサービスエリアは非常に広くなっています。

しかし、中にはまだまだ4G LTEの設備が整っていないエリアもあります。3Gが使えないと、LTEの設備が整っていない地方などではデータ通信ができない可能性があるので注意が必要です。

 

 

平日お昼の通信速度が遅い

平日のお昼は多くの方が通信をするため、格安SIMは通信速度が落ちがちです。

mineoもその例にもれず、速度は落ちがちです。

mineoの場合、特にドコモプランは速度がかなり落ちるようです。一方、auプランは速度は落ちますが、格安SIMの中では比較的早い速度を保てるようです。

 

とはいえ、これは地域差や格安SIM会社の差も大きいことですので、基本的にはmineoに限らず「格安SIMの通信速度はお昼は遅い」と考えておけばいいでしょう。

目安としては、Twitterアプリくらいなら問題なし、ネットは遅く、動画は無理といった感じですかね。

 

 

 

まとめ

mineoは以前はデメリットも多かったのですが、大手(ケイ・オプティコム)が力を入れてやっているということもあり、どんどんサービスが改善されています。

 

特にmineoはパケット(通信量、データ容量)の扱いに関して、非常に便利で面白いサービスを提供しています。

中でもユーザー同士の支え合いで成り立つ「フリータンク」は他の格安SIMサービスにはない非常に面白いサービスですね。

 

最近ではデメリットもかなり少なくなりました。

auプランには対応端末が少ない、3G通信が使えないなどと言ったデメリットはまだありますが…

 

とはいえ、それでもmineoには他の格安SIMにはない機能やサービスが充実しており、またドコモプランであれば、端末が少ない、3G通信ができないと言ったデメリットも解消されるのでオススメです。

 

他にもmineoには特徴的なプランやサービスがあるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

オススメ記事


Twitterで日々の生活に役立つ情報をツイートしています。
ぜひフォローしていただけませんか?

フォローはこちらから

関連記事