mineoは未成年でも申し込みできるのか?

mineoは未成年でも登録できるのか

mineo(マイネオ)は未成年でも登録できますが、18歳未満の方は親名義で申し込まなければいけません。

また、18歳、19歳の方は親権者の同意が必要です。

 

契約者が18歳未満の場合

18歳未満の方でも、mineoを利用することはできます。

ただし、利用者本人(未成年者)の名義でmineoに申し込むことはできません。

 

18歳未満の方がmineoを利用する場合は、代わりに保護者の方が保護者の名義で申し込みます。

申し込みの途中に「ご利用者登録」という項目があり、そこで申し込み者本人の利用か、本人以外の利用かを選ぶことになります。

「ご利用者様」の欄で「本人以外」を選び、未成年者(子どもなど)の情報を入力/登録すればOKです。

 

申し込みには本人確認書類の提示が必要ですが、この場合、契約者は保護者になるので、保護者の本人確認書類を提示すればOKです。

 

契約者が18歳、19歳の場合

未成年でも、高校生を含む18歳、19歳の方は自身の名義でmineoの契約をすることができます。

ただし、契約には親権者の同意が必要です。

 

親権者の同意には、まず申し込み時に表示される「ご親権者様確認事項」を親権者本人が確認し、「同意する」にチェックを入れます。

そして、「ご親権者様情報入力」の欄の各種項目を入力すればOKです。

 

また、mineoの契約には基本的に本人名義のクレジットカードが必要です。

親権者を含め、他人名義のクレジットカードでは契約できません。

mineoでは18歳以上であれば高校生でも契約できますが、クレジットカードの契約は高校生ではできないので、事実上、高校生は自分の名義でmineoには登録できないと考えて良いでしょう。

一方、新社会人、大学生の場合は審査には不利になることもありますが、作れるクレジットカードはあるので問題ありません。

 

高校生をはじめ、クレジットカードを作れない方はデビットカードやプリペイドカードを代わりに使うこともできますが、デビットカードやプリペイドカードによっては使えないことがあります。

mineo側も基本的にクレジットカードでの登録を推奨しているので、デビットカードやプリペイドカードで登録するのはあまりお勧めできません。

関連:mineoの支払いにデビットカード/プリペイドカードを使う方法

 

電話番号を継続して使いたい場合

これまで、親権者の名義で契約していた電話番号を、自分名義のmineoで利用したい場合は、MNP乗り換えが必要になります。

mineoへのMNPは、現在利用中の電話番号の契約名義とmineoの契約名義のが同一である必要があります。

ですので、まずは現在の電話番号の契約を親名義から本人名義(この名義)に変更し、それからmineoを契約&MNPするといった流れになります。

 

mineoは家族利用がお得!

ちなみに、家族でmineoを利用する場合、マイページから「家族割」を適用することができます。

「家族割」を適用すると、一人当たり50円お得になります。

他にも「パケットギフト」など家族で使えるサービスがあるので、ぜひ活用しましょう!

 

公式サイト:mineo(マイネオ)