mineoを口座振替で利用する方法

mineoを口座振替で利用する

格安SIM・mineo(マイネオ)をクレジットカードを使わず、口座振替で利用する方法を解説します。

 

mineoでは基本的に口座振替で利用できない

mineoは通常、クレジットカードでの契約が必須です。

口座振替での利用はできません。

 

ですが、mineoと同じケイオプティコムが運営している「eo光ネット」という固定通信サービスを口座振替で利用している場合、mineoの料金もeoIDを使って合算請求という形で支払うことができます。

ただし、mineoとeo光ネットに一緒に申し込むにはクレジットカードが必要になるのでご注意ください(利用開始後に支払い方法を口座振替に変更できます)。

また、mineoしか利用していない場合は口座振替できません。

 

eo光とは?

eo光は関西エリア(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、福井)で利用できるインターネット回線サービス(光ファイバー)です。

 

手数料は無料

mineoの口座振替にかかる手数料は無料です。

口座振替をすると手数料が取られるサービスもありますが、mineoは無料なので、その点は安心して使えますね。

 

引き落としのタイミング

mineo(マイネオ)の口座振替は、データ通信量と通話料金で別々に引き落とされます。

  • データ通信料金:締め日が月末で、翌月末引き落とし
  • 通話料金:締め日が月末で、翌々月末の引き落とし

 

そのため、例えば、1月の利用料金が以下だった場合、

  • データ通信料金:2,000円
  • 通話料金:1,000円

実際に引き落としは以下のようになります。

  • データ通信料金:2,000円→2月末日
  • 通話料金:1,000円→3月末日

 

口座振替の場合、データ通信量と通話料金で別々に引き落とされます。

これは少々ややこしいですね。

ちなみにクレジットカードの場合は合算です。

 

まとめ

mineo(マイネオ)はeo光と併用することで口座振替ができます。

しかし、eo光がサービスしていない関西エリア以外の方には現実的な方法ではありませんよね。

やはりmineoは基本的にクレジットカードを利用しての決済が良いということになります。

 

どうしてもクレジットカードを使いたくない、もしくはクレジットカードを持っていないという場合はデビットカードを使うといいでしょう。

公式サイト:mineo(マイネオ)


Twitterで日々の生活に役立つ情報をツイートしています。
ぜひフォローしていただけませんか?

フォローはこちらから

関連記事