ブルース・リーの名言・格言|考えるな、感じろ

ブルース・リーの名言

カンフー映画で有名な武道家・武術家のブルース・リーの名言/格言を紹介します。

 

考えるな、感じろ

非常に有名なブルース・リーの名言。

原文は「Don’t think, feel 」

ぜひみなさんも、これから紹介するブルース・リーの名言・格言を考えず、感じてください。

 

 

「スター」という言葉は絶対に信じない。あれは大衆が作り出す幻想だ。

ブルース・リーはかつて、成功者となったとき、その「スター」という言葉に溺れ、周りからの評価を気にし、苦悩していました。

 

 

「スーパースター」という言葉は好きではない。

ブルース・リーはその後「自分に正直に生きよう」と心に決めました。

そして、単なるテクニックやショーではない、最小の動き、最小の力で、最大の打撃を与える武道「截拳道 (ジークンドー、JKD)」を編み出します。

「ジークンドー」は武道のみならず、人間としての生き方を表すブルース・リーの思想・哲学です。

 

 

目立とうとするのは、栄光を勘違いした愚か者の考えることだ。

他人の目を捨て、素直に、シンプルに生きることを決めたブルース・リーらしい哲学です。

 

 

状況など気にするな。機会は作り出せ。

 

 

増やすな、捨てろ。

 

 

心を空にしろ
形を捨てて
水のように
水をカップに注げは、水はカップとなり
水をビンに注げば、水はビンとなる
そして急須に入れれば急須になる・
水は流れる事も砕く事もできる
友よ 水になるんだ

ブルース・リーは成功するために、変化するためにこそ物理的にも精神的にも余裕を持つことを大切にしていました。

自分で限界を定めず、水のように変化し続ける。

その柔軟さと、「自分は何でもできる」という水のように柔軟な発想がブルース・リーの強さです。

 

 

 

まとめ

ブルース・リーは他人の目を気にして生きる人生、他人に評価される人生を捨てました。

そして、自分に正直に生きることで結果、多くの人に評価される成功を掴みました。

 

「増やすな、捨てろ。」や「心を空にしろ」という言葉は、シンプルライフや禅の思想に似たものを感じますね。

結局、どの様な生き方をしていても、突き詰めていくと、無駄を削ぎ落とし、大切なものにフォーカスする人生になるのかもしれません。




follow us in feedly