マレーシアの言語は?|英語は使えるのか?

マレーシア 言語

マレーシアで話されているのは何語なのか?マレーシアで英語は使えるのか?

マレーシアの言語について紹介します。

 

マレーシアの言語は「マレー語」

マレーシアの公用語はマレー語です。

また、英語も準公用語として使われています(1967年までは公用語でした)。

ちなみに、公用語の名称が「マレー語」なのか「マレーシア語」なのかで議論が続いています。

 

マレー語とは?

マレー語は世界で約2,500万人が使用する言語です。

マレーシア、シンガポール、ブルネイの公用語となっていますが、実際に日常で使われているのはマレーシアのみです。

 

マレーシアで英語は通じるのか?

マレーシアでは英語が使えます。

マレーシアは多民族国家であり、また過去にはイギリス植民地下でもあったため、英語は浸透しています。
英語が喋れる人が多いのはもちろん、街中のメニューや看板にも英語表記が多いです。

 

先述通り、かつては英語も公用語であり(現在は準公用語)、教育も英語でなされたという背景もあります。

そのため、マレーシア人は英語が堪能な人が多いです。もちろん中にはブロークンな人もいますが、それでも日本人と比べればハイレベルと言えるでしょう。

 

ちなみに、マレーシアは英語力がシンガポールに次いでアジア内二位という調査もあります。名実ともに英語が得意な国ということですね。

 

まとめ

マレーシア人は英語力の高い方が多く、様々な場所で英語が通じる国です。

もちろん基本はマレー語ですが、英語ができる方にとってはコミュニケーションの不安が少ない良い旅行/移住先だと思います。

ただし、中には英語が苦手な方もいるので、油断はしないように笑

 

関連記事