Kindle Paperwhiteをレビュー|目が疲れず読書ができてオススメ!

Amazonが販売する電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」を使ってみて良かった点と悪かった点を紹介します。

Kindle Paperwhiteはかなり良い

 

 

 

文字がくっきり読みやすい

Kindle Paperwhite 文字がくっきり

Kindle Paperwhiteは文字がくっきりしていて非常に読みやすいです。

上の写真が実際にKindle Paperwhiteの画面を撮影してみたものです。

くっきりした文字と紙のような質感がわかると思います。

 

画質が低いタブレットなどで電子書籍を読むと、文字が滲んで読みづらく、目が疲れますが、Kindle Paperwhiteは本当に文字がキレイです。

Amazonの商品ページには以下のように書かれています。

300ppiの高解像度で、小さな文字もくっきりキレイ。反射しないディスプレイだから、明るい陽射しの下でもまぶしくない

まさにその通りで、とても読みやすいです。この美しい文字の表示には感動しました。

反射しないディスプレイで読みやすい

Kindle Paperwhiteは反射しない

Kindle Paperwhiteのディスプレイには「e-inkスクリーン」というものが採用されており、マットな仕上がりです。

そのため、光や顔が反射せず、非常に読みやすいです。

写真はタブレット(Fire 7)と比べてみたものです。一般的なタブレットの画面と比べて、いかにKindle Paperwhiteの画面が反射しないかわかると思います。

目が疲れにくい

Kindle Paperwhiteはバックライトではなくフロントライトなので、目に向かって直接光を発しません。

スマートフォンと比べてもかなり光が抑えられています。

そのため、画面が眩しくなく、目が疲れにくいです。

Amazonの商品ページにも書かれていますね。

目に優しいフロントライト搭載で、スマートフォンやタブレットのバックライトのように目に向けて光を当てるのではなく、ディスプレイの表面を照らすので、目が疲れにくく快適。

お好みに合わせて、8種類の文字サイズから、読みやすいサイズを自由に調節できます。明るさも調節できるので、おやすみ前にも最適の読書体験を。

バッテリーが長持ち

Kindle Paperwhiteはバッテリーが非常に長持ちします。

スマートフォンやタブレットのように使うたび充電する必要はありません。

バッテリー残量を気にせず使えるのは地味に大きなメリットで、快適です。

広告付きでも気にならない

Kindle Paperwhiteには「広告つき」と「広告なし」、2つのモデルが存在します。

「広告つき」モデルはスタンバイ時などに広告が表示される代わりに、2,000円ほど安く購入することができます。

表示される広告は主にKindle本の広告で、出会い系やエログロマンガの広告が表示されるわけでは無いので不快にはなりません。

 

Kindle Paperwhite 広告

画面下部の「Kindleストアでお気に入りに1冊を見つけよう」という帯が広告です。

 

広告は読書中に表示されるわけでもないので、気になるという方は少ないでしょう。

筆者は広告つきモデルを使っていますが、あまりにも目立たない広告だったので、最初、広告つきモデルなのに、広告が表示されていないかと思ったくらいです。

片手で読めるのが良い!

Kindle Paperwhiteはコンパクトなサイズです(6インチ。iPhone 11は6.1インチ)。

なので、片手で持って本を読むことができます。紙の本だと、片手で持つことは難しいですよね。

Kindle paperwhiteなら片手で持てるので、布団やソファに寝っ転がったまま本を読むこともカンタンです。地味に便利な点です。

マンガを読むなら32GBの方が良い

Kindle PaperwhiteはSDカードなどを使ってストレージ(容量)を増やすことができません。

一般的な文字だけの本であれば何も心配はいらないのですが、マンガや図解入りの技術書など、イラストや画像が多用されている本は非常に容量を使うため、8GBや旧モデルの4GBでは心許ないです。

何巻もあるマンガを読み進めるたびに、読んだマンガをKindle Paperwhite本体から削除して、新しいマンガをダウンロードするのは面倒ですよね。

実際に筆者は「進撃の巨人」という28巻のマンガを読んでいましたが、全巻ダウンロードすることができず、読み終わった巻をダウンロードしながら読み進めました。

 

もしマンガや図解入りの技術書などイラストが多い本を読む場合は「Kindle Paperwhite」の32GBモデルや上位モデルの「Kindle Oasis」など、ストレージ容量の大きいKindleを選んだ方が絶対に良いです。

Kindle Oasisは高いので、Kindle Paperwhite 32GBモデルを買うのが現実的な選択肢ですかね…

高級タブレットと比べると反応が悪い。

iPadのような高価なタブレットと比べると、タッチスクリーンの反応が鈍く、モッサリしています。

値段を考えれば全然許容範囲内ですけどね。

まとめ

夜、寝る前に読書をする方など、ゆったり目を労わりながら読書をしたい方に非常にオススメ。

値段もそこまで高くないので、読書用のタブレットとして買うのも良いと思います!