iPhoneのカメラを拡大鏡として使う設定方法

iPhoneのカメラを拡大鏡として使う設定方法

iPhoneのカメラには実は隠し機能として「拡大鏡」モードがあります。

iPhoneのカメラを拡大鏡として使う方法を紹介します。

スポンサーリンク

 

拡大鏡モードとは

iOS 10からiPhoneのカメラに隠し機能として「拡大鏡」モードが追加されました。

「拡大鏡」は名前の通り、iPhoneのカメラを拡大鏡として使える機能です。

この機能を使うことで、文字や小さなものを拡大して見ることができるのはもちろん、明るさや色も調整できるので、色覚障害を持つ方などにもオススメです。

 

 

拡大鏡の使い方

拡大鏡を使うための設定はカンタンです。

 

  • ホーム画面から「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「拡大鏡」に進み、「拡大鏡」をオン

 

設定が終了したら、ホームボタンを3回素早く押すことで「拡大鏡」機能が起動します。

その際、カメラアプリを開いておく必要はなく、ロック画面、ホーム画面、アプリ使用中、関係なく、ホームボタンを3回押せば起動します。

 
 

 

まとめ

手軽に使えるiPhoneの機能なのでオススメです。

特に拡大鏡を使う必要のない方も、一度設定しておくだけで、カンタンに使えるようになるので、iPhoneのホームボタンを3回おす動作に特に機能を設定していないならば、使ってみてはいかがでしょうか?