iPhone XS/XRはバッテリー切れでもSuicaが利用可能

予備電力機能付きエクスプレスカード

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRには「予備電力機能付きエクスプレスカード」という機能が搭載されています。

この機能は、iPhoneのバッテリーが切れてしまっても予備電力でSuicaなどのカードを使うことができる機能です。

 

2016年に発売されたiPhone 7シリーズから、iPhoneはFeliCaを搭載し、Suicaなどの電子マネーが使えるようになっています。

 

従来は、iPhoneのバッテリーが切れると、この電子マネーも使えなくなってしまっていました。

ですが、「予備電力機能付きエクスプレスカード」が付いているiPhone(iPhone XSやiPhone XS Max)であればバッテリーがなくなっても、最大5時間までSuicaなどの電子マネーが使えます。

 

iPhoneのバッテリーが切れた時、エクスプレスカードが使えるかどうかを確認するには、iPhoneのサイドボタンを押します。

ただし、この操作を何度も行うと、エクスプレスカード用の予備電力が大幅に減少する可能性があります。

また、iPhone の電源を切ると、この機能は使えなくなります。

 

iDやQuicPayは非対応

なお、この機能はエクスプレスカードとして設定できるカードに限定されるため、iDやQuicPayは非対応です。

 

「バッテリーがなくても使える」訳ではないので注意

「予備電力機能付きエクスプレスカード」は名前の通り、予備の電源を使う仕組みです。

バッテリーがなくても電子マネーが使える機能ではありません。

当然ですが、予備の電源にも限りがあるので、バッテリーが切れた後、長時間充電しないと「予備電力機能付きエクスプレスカード」も利用ができなくなる可能性があります。

公式では、最大5時間と発表されています。