iPhoneはSIMカードを抜いても使えるのか?|注意点と対処方法

iPhone アクティベーション SIM

iPhoneはSIMカードがない状態ではアクティベーションができません。

そのため、解約時等に注意しないと、iPhoneが使えなくなってしまう可能性があります。

もし、iPhoneがアクティベーションできず、使えなくなってしまった場合の対処法を紹介します。

 

iPhoneのアクティベーション

iPhoneを初期化した場合、アクティベーションという認証作業が必要になります。

しかし、SIMカードが入っていないとこの認証ができないので、iPhoneが使えなくなってしまいます。

 

iPhoneを初期化(工場出荷状態に戻す)しなければ、アクティベーションをする必要はありません。

しかし、iPhoneの調子が悪い時や修理した時などiPhoneを初期化する機会は十分あるので、アクティベーションできない環境でiPhoneを使い続けるのは案外不便なものです。

また、そもそも初期化された中古のiPhoneやSIMフリーのiPhoneを買った場合等は使い始めることができません。

 

 

SIMの契約をせずにiPhoneを使う方法

アクティベーションができないという理由から、基本的にSIMカードなしでiPhoneを使うができないということは上記の通りです。

しかし、中にはiPhoneを解約したり中古を購入したりしてiPod touchのようにiPhoneを使いたいという方もいると思います。

基本的にはアクティベーションの時のみSIMカードが挿さっていればいいので、自分の他の端末で使っているSIMカードをさしたり、友達や家族のSIMカードを借りればOKです。

 

とはいえ、携帯を複数契約していない方や初期化の度に他人のSIMカードを借りるのは面倒という方もいると思います。

そのような場合は以下のようなアクティベーション専用のSIMをオススメします。

 

 

iPhoneのSIMカード及びキャリアにあったアクティベーション用SIMを買いましょう。

iPhone 5以降のSIMカードのサイズはnano SIMなので、nano SIMサイズのカードを選びます。

そして、SIMフリーではなく、キャリアで販売されているiPhoneの場合はキャリアも選びます。例えばSoftBankで購入→解約したiPhoneに使うのであれば、SoftBank用のアクティベーションカードを購入しましょう。

 

Amazonでは様々なサイズ、キャリアのアクティベーション用SIMカードが売っているので自分の端末にあったものを選びましょう。

iPhoneだけでなく、iPad用などもあるので、間違えないように説明やレビューをよく読んでから購入することをオススメします。

 

 

 

まとめ

解約した後もiPhoneを大切に取っておく方は、アクティベーション用カードが一つあると何かと便利なのでオススメです。

iPadなど他の端末に使えることもあるので、よく調べて1つ持っておくといいですね。




follow us in feedly