iPad mini Retinaレビュー|動画閲覧、インプットに最適な一台

iPad mini Retinaレビュー

インターネットを見たり、映画を見たり、読書をしたり。

iPad mini Retinaディスプレイモデルは生活を豊かにする非常に良いアイテムです。

 

iPad mini Retinaディスプレイモデル

今回紹介するのはiPadの中でも小型のiPad mini Retinaディスプレイモデルです。

 

Retinaディスプレイはやはり良い

iPhoneでもiPadでもすでにおなじみですが、やはりRetinaディスプレイはキレイです。とにかく文字が非常に美しく見えます。

Retinaディスプレイを搭載していない以前のiPad miniと比べてみるとその差は歴然。もう戻れません。

iPhoneやMacBook、iPadはやはりRetinaディスプレイが良いですね。

 

 

7.9インチ。このサイズは最適です。

7.9インチは良いですね。適度なサイズです。

大抵こうした物は画面が大きいほど良い物ですが、iOSというスマートフォンと同様のOSを備え、気軽に持ち運べるタブレットとしてはこのサイズが最適です。

このサイズだと、片手で持つのもそこまで負担ではありません。

重さも軽く、手が小さい方にも優しいサイズです。

 

 

余白の存在

iPad miniは画面が大きいのでiPhoneと違って余白ができます。

ホーム画面のアプリのアイコン間やメモ帳アプリの余白、TwitterのTL等、どんな場面でも文字やアイコンがつまりすぎず余裕があって良いです。

文字間に余白があり、見やすいというのは非常に見やすいです。

 

 

インドア (室内)で活躍する

室内ではデスクの上や本棚にSmart Coverで立ててちょっとおいておくのがいい感じ。

YouTubeでアーティストのミュージックビデオを見たり、HuluやNetflixで映画を見たり。楽しいです。

YouTubeもiPhoneより大きい画面で見れるのが良い感じ。

 

 

アウトドア (外出時)でも活躍する。

やはり「iPad mini」は持ち歩きやすいです。バッグ等に気軽に入りますし、外で持ち歩いても邪魔にならないサイズ。軽いですしね。この辺はiPad ProやMacBookに大きく勝る点です。

セルラーモデルならば単体で通信できますし、Wi-FiモデルでもiPhoneのテザリングやモバイルWi-Fiルーターを使えば解決できます。

 

外出先で資料を見たり、旅行先で地図を見たり、美容院に雑誌の切り抜き代わりにヘアスタイルの写真を入れたりして使うのが便利です。やはりこういうのは大きい画面が良いですよね。

 

 

「iPad mini retina」と「iPhone」の使い分け。

ポケットに入るか入らないかの違いはやはり大きいです。そのため、外出時はやはりiPhoneのほうが優位でしょう。

しかし、旅行などそれなりに大きなバッグを持っていく際や、落ち着いて使える自宅ではやはりiPad miniが便利です。

何をするにしてもやはり画面の大きさは大きい方が良いですね。

 

自宅やホテルなど、リラックスできる場面では特にその恩恵を強く実感すると思います。

[関連] iPhone、iPad mini、MacBookの使い分け

 

 

「iPad mini Retina」と「MacBook」の使い分け

パソコンとタブレットは完全に別物ですね。

「パソコンに変わってタブレット…」そんな事を聞く事もありますが、これは変わりにはなり得ないです。

 

iPad miniは後述しますがインプットに向いているデバイスです。逆に言えば、リラックスして映画を見たり読書をしたりするデバイスとして割り切り、MacBookなどパソコンと差別化できるはずです。

とはいえライターやブロガーなど、文章を書くだけならば、外付けキーボードをつけることでパソコン並に便利にiPad miniを使うことができるかもしれません。

 

 

インプット専用器として非常に便利

iPad mini Retinaはインプット専用機として最高です。

先述通り、入力はやはりパソコンの物理キーボードには敵いません。とすればやはり入力=アウトプットが必要の無い作業がiPad miniに最適です。

 

特に以下の4つが個人的に最高です。

  • YouTubeやHulu、Netflixなどの動画閲覧
  • ネットサーフィン
  • TwitterやFacebook等、SNSのチェック
  • メールや予定のチェック

 

これらはiPhoneでやるより快適。MacBook・PCでやるより気軽です。

まさにiPad mini Retinaはこれらを快適に使うために生まれたデバイスといっても過言ではないです。

 

 

特に「動画」が良い

iPad mini Retinaで見る動画は最高です。手元で映画が見れるのは非常に良いですね。

iPhoneで映画を見た事もありますが、やはり映画をはじめVideo (動画)は大画面が良いです。

 

MacBookなどパソコンで動画を見てしまうと作業ができなくなる or 作業スペースが小さくなりますし、動画を見るだけならキーボード面が丸ごと不要になります。

あと「手元で見る」にしては画面が大きく、重いため、パソコンは適さないでしょう。

 

 

スマートカバーがiPad miniを便利にする。

Apple純正のスマートカバーは少々高いので、Appleの公式のものでなくても良いのですが、iPad miniを利用する際はスタンド代わりに使えるスマートカバーがあると、非常に便利です。

iPad mini RetinaライフにはSスマートカバーが欠かせないといっても過言ではありません。

スマートカバーはカバーとしてではなく、スタンドとして使えるのがとにかく便利です。知ってはいましたが、実際に使ってみるとスタンドとして使う機会が多く、スマートカバーは絶対欠かせないアイテムになっています。

もちろん、純正、非純正ともにAmazon等に多く売られているので、自分のiPadに合わせて探してみると良いでしょう。

 

[関連] iPad miniと一緒に使っていて便利な5つのアイテム

 

 

 

まとめ

MacBook AirとiPhone、つまりパソコンとスマフォがあってもタブレット=iPad mini Retinaは不要になりません。

映画を見たり、メールをチェックしたり。それらが快適に行えるので、とにかく便利です。

正直、パソコンやスマートフォンと比べると無くても困らないです。

 

でも、あるとめちゃくちゃ楽しいですし、便利で快適です。







Instagram