iPhoneのiCloudバックアップを無効/有効にする方法

iCloudバックアップ

iCloudバックアップは非常に便利です。

ですが、中にはプライバシーの問題などから利用したく無い方もいるでしょう。

そんな方のために、iPhoneやiPadでiCloudバックアップを無効/有効にする方法を解説します。

ちなみにiCloudバックアップを有効にする場合も同じ方法でできます。

 

iCloudバックアップをオフ/オンにする

iPhoneやiPadに設定されているiCloudを完全に無効にしたい場合は、以下の手順で行います。

まず、ホーム画面の「設定」から「Apple ID」(一番上の自分の名前が表示されている場所)→「iCloud」と進みます。

そして、「iCloud」の中の「iCloud Backup」をタップし、iCloud Backupをオフにします。

iCloud Backupを取りたいときはここでオンにすればOKです。

 

まとめ

iCloudバックアップは非常に便利ですが、プライバシーを厳重に守りたい方の中には、データをAppleのサーバー(ちなみにAppleは自社だけでなく、AmazonやGoogleのサーバーも使っています)に保存したくないという方もいるでしょう。

しかし、ここで紹介した方法を使えば、iCloudに保存したくないデータがあるアプリだけを指定してiCloudバックアップを無効にできるので便利です。