iOS 10のロック画面でウィジェットを完全に無効化する方法

iOS ウィジェット

iOS 10から搭載された新機能「ロック画面のウィジェット」はプライバシーを壊してしまう基金性があります。

プライバシーを守る為、ウィジェットを完全に無効化する方法を紹介します。

 

iOSのウィジェット

「iOS 10」にはたくさんの新機能が加わっています。

その中でもユーザーの目に留まる大きな変更点は、ロック画面の変更です。

ロック画面の変更に伴って登場した新しいウィジェット画面には、デフォルメ設定のままだと、予定やメールなど様々なプライベートなデータが表示されてしまう恐れがあります。

 

iOS ウィジェット

 

 

iOSのウィジェットを無効化する方法

iPhoneのホーム画面から「設定」→「Touch IDとパスコード」の順に進み、「今日の表示」と「通知の表示」をオフにします。

必要な設定はこれだけです。

このように設定しておけば、ロック画面で右にスワイプすることができなくなり、以前のiPhone (iOS)と同じようになります。

 

ウィジェットエリアに表示されるアプリや通知はいつでも編集することができ、個人情報やプライベートな情報が表示されるアプリのみ非表示にすることもできます。

しかし、完全にiOSのウィジェット機能をオフにしたいのなら、こうするのが一番の方法です。

 

 

 

まとめ

Siriといい、ウィジェットといい、iPhoneにはそのままの設定で使っていると個人情報がダダ漏れになってしまう機能があります。

個人情報は言うまでもなく非常に重要なデータです。

iPhoneやiPadを使っている方は定期的に設定をチェックしましょう。

 




follow us in feedly