iPhoneのフラッシュライトの明るさを調整する方法

iOS ライト

iOS 10が3Dタッチ対応のiPhone (iPhone 6s以降)であればフラッシュライトの明るさのレベルを調整することができます。

 

iPhoneのフラッシュライト

iPhoneのフラッシュライトは非常に明るく、懐中電灯として十分機能します。

しかし、その光の強さから、それほど明るさが必要ない場合は、明るさを落としたいという場合もあるでしょう。

そのような場合、3Dタッチ (感圧タッチ)を搭載しており、iOSが10になっていれば簡単にフラッシュライトの明るさを調整することができます。

 

 

フラッシュライトの明るさを調整する方法

3Dタッチのライト

以下の手順に従ってiPhoneを操作することで、iPhoneのフラッシュライトの明るさを調整できます。

 

  1. 画面を下から上にスワイプしてコントロールセンターを開きます。
  2. フラッシュライトのボタンを長押しします (3Dタッチの押し方です)。
  3. ボタンを長押しして3Dタッチを起動すると、3Dタッチのメニューに「暗い、普通、明るい」という3つのオプションが表示されます。(画面は英語ですが、上記の画像のようになります。)
  4. この中から1つを選ぶとライトがオンになります。

 

やり方としてはこのような形です。

 

 

 

まとめ

やり方としては非常に簡単なので、iPhoneをライトがわりに使う際はぜひうまく活用して見てくださいね!







Instagram

follow us in feedly