国際情勢が不安定な時はフライトレーダーを見よう

国際情勢の確認

国際情勢が不安定な時は、「Flightradar24 (フライトレーダー)」を見ましょう。

危険な場所が簡単にわかります。

 

フライトレーダーを見よう

 

Twitterより。

この画像は特にわかりやすいですね。Twitterの投稿日は北朝鮮のミサイル発射が非常に現実味を帯びて、日本国内でも警戒心が強まった4月。

北朝鮮に目が行きがちですが、黄海と日本海が避けられていることに注目。

 

ちなみにフライトレーダーは正式には「Flightradar24」というサービスです。

 

フライトレーダー24

 

「Flightradar24」は実際に飛行している旅客機の飛行ルートが追跡できるサービスです。

 

ちなみに、旅客機だけでなく、政府専用機などの飛行ルートも見れます。

ただし、追跡できるのはADS-B信号を発信している飛行機だけですので、その点は注意。

 

iPhoneアプリなどもあるので、気になるかたはチェックしておきましょう!

 

オススメ記事


関連記事