プロブロガー・イケダハヤト氏による「一流になる方法」

イケダハヤトとトップ

プロブロガー、イケダハヤト氏の一流論を紹介します。

 

イケダハヤトとは

以下、イケダハヤト氏のブログより引用

イケダハヤト
1986年神奈川県生まれ。2009年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、半導体メーカー大手に就職。と思いきや会社の経営が傾き、11ヶ月でベンチャー企業に転職。ソーシャルメディア活用のコンサルタントとして大企業のウェブマーケティングをサポートし、社会人3年目に独立。会社員生活は色々と辛かったので。2011年からはブロガーとして、高知県を中心にうろうろしています。著書に「年収150万円でぼくらは自由に生きていく(星海社)」「武器としての書く技術(中経出版)」「新世代努力論(朝日新聞出版)」などがある。

 

様々なことをされていますが、基本的にブログからの収入で生計を立てるプロブロガーです。

そんなイケダハヤト氏が「一流になる方法」についてTwitterで持論を展開していたのでまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

イケダハヤト氏に言わせると、「一流になるにはとにかく自分に鞭を打って”行けるところまで行く”」という意識が重要なようです。

また、成功者はのんびりしているイメージもありますが、イケダハヤト氏曰く生き焦ることが重要なようですね。

 

これらの考え方には根本的に「好きなことで生きて行く」という考え方があるからだと思います。このようなハードなことは好きなことでなければできません。

「ただの仕事」ではブラック労働になるだけですからね…

 

みなさんも力を注ぐべきやりたいことがあるならば、生き焦り、エネルギーを費やし、一流を目指して見てはいかがでしょうか?







Instagram