英語を習得するには、やはり英語を好きになるしかない!

英語を習得する方法

英語を習得するためには様々なテクニックや教材があります。

しかし、一番のテクニックはやはり「英語を好きになること」です。

 

日本人にとって厄介な英語

日本人にとって英語というのは非常に厄介な言語です。

言葉の成り立ちも発音も異なっており、共通点がまるでない言語だからです。

日本語はもともと似ている他の言語が極端に少ないため、イメージしづらいかもしれませんが、実際には文法や発音が非常に似ている言語も多いものです。例えば、オランダ語は英語と似ているのでオランダ人は多くの方が英語も不自由なく喋ることができます。

 

当然、共通点がなければ、それだけ他の言語を1から学ぶ必要がある訳で、それだけ学習には時間がかかります。

英語と日本語は相性が悪く、日本語使用者が英語を、英語使用者が日本語を学ぶのは特に時間がかかると言われています。

日本人は老若男女問わず英語の勉強をしている方が多いです。学校でも中学生から高校生の6年間(最近は小学校から習い始めるのでもっと長い)学んでいます。

 

膨大な時間とお金をかけているにも関わらず、英語が使える日本人は多くありません。

それはもちろん向き不向きや学校教育が好き・嫌いといった点もあるでしょうが、それ以前に週数時間の勉強を6年ほど続けた程度で習得できるほど英語は日本人にとって簡単ではないということです。

 

 

英語の能力が上達しない人はどんな人?

「勉強しても経験しても能力が上がるとは限らない」これは英語に限らず、多くの方が実感、経験、見聞きしたことがある事実ではないでしょうか?

英語も同じで、英会話教室に通おうが留学しようが英語が全然上達しない人もいます。しかし、そうした人々が真面目に勉強しなかっただけなのかといえばそれは間違いです。

もちろん、英語を学び、身につけるためには受験勉強のような典型的な勉強も重要です。

しかし、それと同じかそれ以上に「英語を話すことが好き」といった要素も大事です。

 

 

 

英語を楽しめているか?

芸術のプロでなくても絵画を楽しむことはできるし、オリンピック選手じゃなくてもスポーツを楽しむことはできますよね?

そして楽しみながら取り組めば苦労を感じることも少なく、結果学習量が増え能力が上達していきます。

 

英語も「英語を学んだり使ったりするのが楽しい」という状態になれば上達は早いです。

英語の発音がおかしかろうが、文法が間違ってようがとにかく英語を使うのが楽しいという状態になれば結果的に能力も高まっていくということです。

 

英語に限らず、学習においては実際に使うことが重要です。

特に英語は化学式のように机上で完結することよりも、実際の日常で使う機会の方が圧倒的に多いはずです。

ですから、失敗を恐れず、机上や教室の勉強から飛び出して見る勇気が大事です。

これは英語云々というより、勉強に対するスタンスやセンスの問題でもあります。




follow us in feedly