iPhoneやiPadのオススメ容量は何GB?

新しいiPhoneやiPadを買う上で容量は何GBにすればいいのか?

目安と選びかたを紹介するのでぜひ参考にしてください。

もちろんiPhone XやiPhone8も考慮していますよ!

スポンサーリンク

 

容量の目安

まずは容量の目安を知りましょう。

もちろん設定や画質、音質などによってこの数字は大きく変わるため、誰でもこの数値に収まる訳では無いですが、一つの目安としてこれらを基準に考えます。

 

  • 動画 : 1分 10MG
  • 音楽 : 1曲 5MB~10MB
  • 画像 : 1枚 200KB
  • iPhoneで撮った写真 : 1枚 1.5MG~3MB
  • iPhoneで撮った動画 : 1分120MG
  • iTunesで買った「スター・ウォーズ フォースの覚醒」 : 6.08GB (2時間18分。HD1080p)

 

また、アプリのパズドラ(パズル&ドラゴンズ)が700MB以上とかなり重いです。

もしパズドラのような容量が大きいゲームや電子書籍などのアプリを大量に入れる場合はそれも考慮しましょう。意外と容量を使います。

 

 

4GB、8GB

一部の機種や一部の地域でのみ4GBや8GBのiPhoneがあります。

しかし、かなり容量が少ない上に現在の日本では入手が非常に難しいので選択肢には入らないと思います。

 

 

16GB

多くのメディアの容量が大きくなっているので16GBではかなりきついのではないかと思います。

それもあって、最近のiPhoneやiPadには16GBが無いものも増えましたね。

アプリを入れたりTwitterやLINEを使うくらいならば16GBでも十分でしょう。

写真や動画、音楽を見たり聞いたりしたい方も、データをiTunesでパソコン内に置いておいたり、iCloudなどクラウド環境を活用することである程度はいけるでしょう。

とはいえ、アプリや写真の容量も大きくなってきているのであまりオススメはしません。

 

■16GBで十分な人

  • 電話やメールなど、基本的な機能しか使わない人
  • クラウドをフルに活用できる人
  • そもそもそんなにiPhoneを使わない人

 

 

32GB

動画もHD画質が当たり前になり、iPhoneのカメラでも4K映像が撮れるようになった今、様々なメディアを楽しみたい方は32GBでも少々きついかもしれません。

iTunesとの同期やiCloud、Dropbox等のクラウドとの連携で上手く音楽や動画を管理する必要があると思います。

クラウドなどと言うと難しく感じるかもしれませんが、要するにiTunesと同期して音楽や動画を管理できるならば (そしてそれで良いならば) 32GBで十分です。

 

■32GBがオススメな人

  • iPhoneやiPadをライトに使う人
  • 写真や動画を撮ることがある人
  • 多少ゲームや読書をする人

 

 

64GB

最近のiPhoneやiPadでは一番下の容量になりつつありますね。

しかし、実際には音楽や写真だけではiPhoneやiPadにかなりの量を詰め込まなければなかなか64GBを超えることはありません。

音楽であれば5,000曲ほど入るので、普通に音楽を聞く人であれば十分な容量だと思います。

逆に、動画を多く撮る方、入れる(ダウンロード)する方にはちょっと少ない容量ですね。

 

■64GBがオススメな人

  • 音楽や写真を撮ったり、楽しみたい人
  • 動画を楽しみたい人/撮りたい人
  • ガッツリ使うが動画は(ほとんど)入れない人
  • ゲームや本を常にダウンロードしておきたい人 (クラウドやiTunesを使いたくない人)

 

 

128GB

一般ユーザーが使う場合、一番容量が大きいファイルは間違いなく動画になります。

動画をたくさん入れれば64GBのiPhoneでも容量がいっぱいになります。

ミュージックビデオや映画等の動画をクラウド上ではなく、iPhoneやiPadにたくさん保存したいというなら間違いなく128GB以上のモデルを選ぶべきです。

またiPhoneも4Kに対応するなど、自分で撮った動画(写真)も容量が大きくなっているのでiPhoneで旅行の動画と写真を撮りたいというような方も128GBの方が安心できると思います。

 

■128GBを選ぶべき人

  • 動画をたくさん見る、撮る、保存する人
  • 画像、音楽を非常にたくさん入れる人
  • 写真をいっぱい撮る人
  • 4K動画を撮る人
  • 容量のことあれこれ考えたくない人

 

 

256GB

iPhone 7から登場した256GB。

非常に大容量です。下手なパソコンよりも全然多いです。

128GBでも少ない方…となるとかなりのヘビーユーザーになるでしょうが、iPhoneをビデオカメラとして使う方などにはオススメです。

また、iPhone 8、iPhone Xでは64GBとこの256GBの2種類しかありませんから、自然と容量が大きい方を選べばこのモデルになりますね。

 

■256GBを選ぶべき人

  • 動画をたくさん見る、保存する人
  • 画像、音楽を非常にたくさん入れる人
  • 写真、動画をたくさん撮る人
  • 4K動画を撮る人
  • 容量のことあれこれ考えたくない人
  • iPhone XやiPhone 8で容量の多いモデルを選びたい方

 

 

512GB

iPad Proに登場した大容量の選択肢。

ほんの数年前までは考えられなかった容量です。

 

■512GBを選ぶべき人

  • 動画をたくさん見る、撮る、保存する人
  • 画像、音楽を非常にたくさん入れる人
  • 4K動画を撮る人
  • 容量のことあれこれ考えたくない人
  • iPadをパソコン代りに使いたい人
  • iTunesやiCloudを使わず、多くのデータをiPadに入れておきたい人

 

 

 

まとめ

オススメは64GB~256GBです。

動画を扱わない(ダウンロードしない、撮影しない、同期しない)方やiTunes、iCloudを使える方ならば、64GB以下でも十分やりくりできます。

逆に撮影でも鑑賞でも本体に動画を保存する機会が多いなら、128GB~を検討しましょう。

とはいえ、iPhoneやiPadによって容量の選択肢は限られるので、その点には注意しましょう。特に新しくでた「iPhone X」と「iPhone 8 / iPhone 8 Plus」にはそもそも選択肢が64GBと256の2種類しかありませんからね。

 

iTunesやiCloudが使えるかも重要

旅行や出張、外出先でiPhoneやiPadを使う方は本体の容量が多くないと厳しいでしょう。

しかし、自宅やネット環境が整っている場所で使う機会が多いなら、iTunesやiCloudを使うことである程度少ない容量でもやりくりできます。

ですので、自分のライフスタイルとも相談して決めましょう。