英語を習得するのに必要な時間

英語の習得に必要な時間

英語を習得するにはどの程度勉強すればいいのでしょうか?

英語の習得に必要な時間を解説します。

 

1万時間の法則

何事も10,000時間(1万時間)勉強すればプロになれるという「1万時間の法則」というのがありますが、英語のプロ(通訳、翻訳家)を目指したり、ネイティブと遜色ないレベルを目指すならともかく、普通に日常会話を話すレベルでいいならば、もっと少ない時間で英語を習得できます。

 

最低3,000時間?

残念ながら、日本語話者が英語を習得するのにどれだけの時間がかかるのか、個人的な体験談はあっても、研究結果などはほとんど見つかりませんでした(もしあれば教えてください)。

そこで、英語話者が日本語を習得するのにどれだけの時間がかかるのか調べて見ました。

日本語→英語と英語→日本語では多少環境は違いますが、十分参考になるデータだと思います。

 

アメリカのエリートの場合

アメリカの国務省(日本でいう外務省)の機関であるFSIの調査によれば、米国務省に採用された新人エリート(英語ネイティブ)が、日常生活で困らないレベルの日本語(スピーーキング)を習得するのにかかった時間は2,400〜2,760時間だと言います。

また、同機関の調査によれば、日本人が英語を習得するためには約3,000時間が必要だと言います。

 

米海軍日本語学校の場合

また、戦前では米海軍日本語学校で4,500時間学習した人は、日本人捕虜の尋問をしたり新聞を読めるようになったという記録があります。

 

以上の結果を見る限り、エリートレベルで2,400時間~、普通のレベルで4,500時間が必要な時間と考えられるでしょう。

実際、様々な体験談を見ていても、普通の日本語話者が英語を習得するにはこれくらいの時間が必要だという意見が多いです。

 

まとめ

一部では「英語を喋れるようになるには2,000時間ほど必要」という意見も見受けられます。

しかし、それはかなりのエリートや学習が上手い人に限られるのではないかと感じました。

多くの方はやはり最低でも3,000時間は欲しいと考えられます。

 

ちなみに、中学と高校の英語の授業時間を足すと約900時間と言われています。

なので、中学、高校の授業を真面目に受け、内容を理解できているのであれば、あと2,100時間ほどということになります。

ですが、これは単純に時間をカウントしたものです。

 

学校の英語の勉強内容はクラスメイト全体のレベルに左右されてしまいますし、失礼な言い方ですが、いわゆる底辺校とエリートが集まる進学校までレベルもピンキリです。

ですので、やはり2,000時間では到底足りないと考えられます。