寝てる間も危険「夜間熱中症」の予防方法

夜間熱中症

熱中症は日差しの強い昼だけでなく、日が落ちた夜間や睡眠中にも起こります。

夜熱中症になる「夜間熱中症」に注意しましょう。

 

夜間熱中症とは

夜間熱中症とは文字通り、日が落ちた夜間に熱中症になることです。

熱中症で倒れた方の半分は、夜間というデータもあります。

 

特に寝ている間は熱中症が自覚できないので危険です。朝目覚める頃には熱中症でフラフラとなることも珍しくありません。

なので寝ている間も熱中症には油断しないでください。

 

 

 

夜間熱中症の対策

夜間熱中症、特に睡眠時の熱中症の対策を紹介します。

 

水分補給をする

夜寝ている間も人は多くの汗をかきます。特に夏場はかく汗の量が増えるので、身体は水分不足になりがちです。

 

夜中にトイレで目が覚めることを避けたり、おねしょの予防で、寝る前に水を飲むのを控えている人もいますが、これは非常に危険です。

絶対に水分を補給してから寝ましょう。

 

寝る前にはちゃんと水を飲んで眠り、また途中で起きた時のために、枕元に水(ペットボトルに入れておくと良いです)を置いて寝ましょう。

寝る前の水分補給は体を冷やさないように、少しぬるめのお湯や常温の水を飲みましょう。

 

汗かきの人はミネラルも不足しがちになるので、スポーツドリンクを飲むのもおススメです。

ただし、スポーツドリンクは糖分が非常に多いので、飲みすぎには注意です。

 

 

エアコン/除湿機を使う

夏場でも夜はエアコンを切るという方も少なくないと思いますが、それは危険です。

夜も暑い夏場は、エアコンを使い、適度に部屋を涼しくしましょう。

その上で身体は毛布や掛け布団を使い、冷えすぎないように調整しましょう。

 

また、熱中症は単に気温が高ければ発症する訳ではありません。

気温だけでなく、湿度が大事で、湿度が高い状態と低い状態では同じ気温でも熱中症の発症率が大きく変わります。

湿度が高いほど、熱中症になりやすくなります。

暑いと身体は汗をかきますが、湿度が高いとその汗が乾かず、故に体内の熱を発散しにくくなるためです。

 

ですから、エアコンを使い、気温を下げるのも大事ですが、除湿機(除湿機能)を使い部屋を乾燥させる事も大切です。

 

一方で、冬場はエアコンを付けっ放しにしてしまい、脱水症状に陥ってしまうこともあります。

ですから、単純にエアコンを使う/使わないではなく、季節や気候、自分の体調に合わせて調整する事が大事です。

 

 

 

まとめ

熱中症は単に暑ければ、日差しが強ければ起こるという訳ではありません。

夜だからって気を抜いてると、命の危機に陥ることも珍しくないので、要注意です。

十分な水分補給とエアコンによる温度と湿度の調整が大切です。