実印、銀行印、認印の違いとは?

ハンコ

実印、銀行印、認印の違いについて解説します。

 

実印、銀行印、認印の違い

荷物を受け取る時から銀行口座を解説する時、果ては会社を起こす時まで必要なハンコ。

日本はハンコ社会ですが、実印、銀行印、認印の違いをよくわかってない方もいるのではないでしょうか?

しかし、これらのハンコには明確な違いがあります。

 

 

実印

実印とは役所で印鑑登録をしたハンコのことを指します。

実印は金額の大きな契約書 (不動産や家) や起業の登記など、重要書類に使用します。そのため、手彫りなど偽造されにくい構造/デザインの印影が好ましいです。

なので実はシャチハタや三文判でもルール上は実印にできます (役所で断られたり、止められることがほとんどですが)。

 

実印とは : 役所に印鑑登録したハンコのこと。

 

 

銀行印

銀行印とは銀行口座を開設する際に届け出印として登録したハンコのことです。

そのため、実印と同様、ルール上は三文判やシャチハタでも構いませんし、実印と同じハンコを使うこともできます。

実印と別でかつ手彫りのハンコが好ましいのはこれもセキュリティ上の問題です。

三文判やシャチハタでは簡単に偽造(そもそも文具店等で同じものを買える)できますし、実印と別の方がリスクヘッジになることは容易に予測できると思います。

 

銀行印とは : 銀行口座を開設する際に届け出印として登録したハンコ

 

 

認印

認印には明確なルールや基準はありません。

なので実印や銀行印を認印として使うことも可能です(安全管理上オススメできませんが)。

一般的に日常のサイン代わりに使うハンコを認印と言います。郵便や宅配の受け取りサイン、学校や会社などで提出物や書類のチェックのサインとして使われます。

サインとして代用できる場面も多いですが、思わぬところで法律的効果を伴うこともあるので無闇に雑に扱うのはNGです。

文房具店やホームセンターなどで簡単に購入出来る「シャチハタ」などの三文判は認印として使うことが普通ですね。

 

認印とは : 一般的にサイン代わりに使うハンコ

 

 

 

まとめ

以上が実印、銀行印、認印の違いです。

そう何度も作り直したり使い分けることもないので起業するときに限らず、社会人になるときや、一人暮らしをするとき、銀行口座を作るときなど、ちょっとした区切りに3つ揃えてしまうと良いのでしょう。







Instagram

follow us in feedly