お腹が鳴る理由とは?その原因は空腹ではないかもしれません

お腹がなる原因

仕事中にお腹が空いてお腹がなってしまったことはありませんか?

お腹が鳴ったらそれは単にお腹をすかせてると思う方が多いと思いますが、実はお腹がなるのはそう単純なことではないようです。

 

お腹がなる理由は単純じゃない

お腹がなるのはお腹が空いたから。多くの人がそう考えているでしょう。

確かに、お腹がなるのはお腹が空いたからです。

しかし、空腹を感じお腹が鳴っても、実際にお腹が空いているとは限りません。

というのは、人間は食生活や体調によって空腹を適切に感じることができず、実際にはお腹が満たされていない(いる)のに満腹感を感じたり、空腹を感じたりします。

そのため、実際のお腹の調子に関係なく、お腹が鳴ってしまうことがあるわけです。

 

 

 

喉が渇いている

お腹が減るのと似ていますね。

人間の体は実際には、喉が渇いているのにもかかわらず、お腹が空いていると勘違いすることがあります。

ですので、お腹が鳴ったら、食べ物を食べる前に喉が渇いていないかを確認しましょう。

自分の体が水分を欲しているかどうかは尿でわかります。尿の色が濃い場合は喉が渇いているサインです。

なんとなく完食するのではなく、身体のサインを科学的に判断し、必要なものを摂取しましょう。

 

 

お腹にたまるものを食べていない

シリアルのような糖分と炭水化物が多い食べ物は、一時的に血糖値が上がりますが、すぐに下がるので、満腹感が得られてもすぐにお腹が空いてしまいます。

ですので、本当にお腹が空いているときは、シリアルなど糖分や炭水化物が多すぎるものではなく、腹持ちが良いものを選んで食べましょう。

 

 

睡眠不足

睡眠不足だと食欲に影響が出てきます。

睡眠不足だと、食欲を抑制するレプチンと、食欲を増進させるグレリンという2つのホルモンが、うまく働かなくなります。

ファストフードのような、体に良くないものを食べると、さらにこの2つのホルモンの働きが悪くなります。

ですから、食欲に悪い影響が出ているときは、健康的なものを食べるのはもちろんですが、睡眠もしっかり取ることが重要です。

 

 

 

まとめ

お腹が鳴ったからお腹が空いていると安易に考えてはダメなんですね。

お腹が空いたら、すぐにご飯を食べるのではなく、自分の体調や生活スタイルについて考えてみたほうが良さそうです。




follow us in feedly