初心者向け、Google Analyticsの見方

Google Analytics

ブロガーやアフィリエイター必須のアクセス解析ツール・Google Analytics。

非常に高性能なGoogle Analyticsですが、そのぶん、初心者の方にはわかりづらい部分もあると思います。

そこで、Google Analytics初心者の方がどこをどう見ればいいのか説明します。

 

Google Analyticsで見ておきたい項目

今回は初心者でも最低限確認しておくべきGoogle Analyticsの項目を3つ紹介します。

Google Analyticsの項目の中で、何が重要かはサイトや運営の目的によって変わると思いますが、今回紹介するのは普遍的で多くのサイトで重要なものです。

 

 

ユーザー サマリー

ユーザー サマリーは「ユーザー→概要」で見ることができます。

基本的なアクセス解析で、セッション(アクセス数)やPV(ページビュー)を見ることができます。

わかりにくいんですが、右上の日付をクリックすると、指定した期間同士を比較することができるので、今月と前月を比べたり(前月比)できます。

 

 

オーガニック検索キーワード

「オーガニック検索キーワード」は「検索エンジンから、どんなキーワードでどのくらいの読者がサイト/ブログに来ているか」がわかる項目です。

自分が書いている記事の内容や売りたいアフィリエイトにマッチしたキーワードで読者の方がサイトに訪問してくれているかがわかります。

この数字が健全に増加していれば、サイトはしっかり成長しているいうことです。

しかし、最近では「(not provided)」と表示されて、検索のキーワードがわからないことが増えています。この「(not provided)」は今後も増えていくと思われるので、新しくブログを始めた方や、アクセス数の少ないサイトを運営している方は諦めてください(苦笑)

 

ちなみにオーガニック検索キーワードはGoogle Analyticsの管理画面から「集客→キャンペーン→オーガニック検索キーワード」で見ることができます。

 

 

ページ/セッション

次に重要なのが「ページ/セッション」です。こちらはサイトに訪問してくれた読者が平均何ページ見ているかを示しています。

例えば、「ページ/セッション」が2.5だとしたら、読者がサイトを平均2.5ページ見ているということです。

雑多なブログだと1.5くらいあるといいですね。読者が関連記事を辿って複数の記事を読めば読むほど「ページ/セッション」はあがるので、専門的なサイトで、他の記事への導線がしっかりしているサイトであれば2.0や3.0といった数字もあり得ます。

「ページ/セッション」が1.1とか1.2と低いサイトは、関連記事を読んでくれないようなデザインやコンテンツということなので、修正が必要かもしれません。

 

 

 

 

まとめ

Google Analyticsではかなり高度な解析をすることが可能ですが、初心者にはなかなか難しい部分もあると思います。

初心者の方は、まず用語を覚え、数字の意味を把握するところから始めましょう。

「セッション」や「ページビュー数」などわかりやすい数字から見ていくと取っつきやすいと思います。