Google AdSenseで稼ぐために気をつけたいこと

Google AdSenseを使う上で気を付けるべきこと

Google AdSenseを使って稼ぐために気をつけるべきことを紹介します。

 

Google AdSenseを使う上で気をつけるべきこと

Google AdSenseは初心者でも稼ぎやすい広告・アフィリエイトとして有名ですが、使う上では様々な注意点があるのでそれを解説します。

 

 

誤クリックに注意

読者の方がGoogle AdSenseを間違ってクリックしないように気をつけましょう。

Google AdSenseは誤クリックを判定しているので、誤クリックが増えてしまうと、収入が減ってしまいますし、誤クリック狙いと判断された場合、最悪アカウントが停止してしまいます。

誤クリックを誘発させないための工夫としては、

  • ブログの記事内にはAdsenseを挿入しない。
  • AdSenseの上に「広告」などと記述する

 

などといった工夫が必要です。

誤クリックは、広告のクリック単価の低下にもつながるので、とにかく避けましょう。

 

 

禁止コンテンツに注意

Googleのコンテンツポリシーは、きちんと目を通しておきましょう。

Google AdSenseを使う上では様々なルールがありますが、中でも違反しやすく、ブロガーやアフィリエイターがチェックしておくべきなのは「禁止コンテンツ」です。

以下のようなコンテンツを含むサイトではGoogle AdSenseが停止されます。

 

  • アダルト コンテンツ
  • 個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
  • 著作権で保護されているコンテンツ
  • 薬物、アルコール、タバコに関連したコンテンツ
  • ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
  • 報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)
  • Google ブランドを使用しているサイト
  • 暴力的なコンテンツ
  • 武器および兵器に関連したコンテンツ

 

アダルトサイトや違法なサイトだけでなく、健全なサイトでもアルコール・タバコが含まれると禁止など、少々厳しいです。

基本的には警告、もしくはAdsenseが停止されるだけですが、酷いとアカウント剥奪の恐れもあります(児童ポルノを提供するなどよほどGoogle(アメリカの法律に準拠)にとって悪質でない限り、一発アカウント削除はありません)。

 

アカウントが停止されたり、警告を受けた場合、これらのコンテンツを含むページのみGoogle AdSenseを外したり、その記事を削除/修正するなどすることで対応できます。

 

 

 

アカウント停止にならないために

アカウントが停止になる理由には、禁止コンテンツのように自分で気をつけるべきことだけではなく、他のサイトに広告を勝手に使われたり、いたずらクリックをされたりなど嫌がらせが原因の可能性もあります。

Google AdSenseは昔はそうした嫌がらせに弱かったのですが、最近では自動的に判別し、収益にならないようにしてくれるので、特に自分がなにか手を打つ必要はありません。

ですが、許可サイト(自分の許可したサイトからの収益のみ許可)設定をするなど、自分でもできる限りの対策はしましょう。

 

 

広告をブロック

コンテンツとマッチしない広告や信用度の低い広告は、設定からブロックしましょう。

基本的には全ての広告を表示させた方が良いのですが、あまりにクリック率が悪い広告や、自分のサイトと相性が悪い広告、悪質な広告を見つけたら定期的にチェックしてブロックするのがオススメです。

 

 

 

まとめ

Google AdSenseは非常に有名で非常に便利な広告です。

そのため、検索すれば多くの情報が見つかります。Google AdSenseだけで月に何十万、何百万と稼ぐ人もいるので、本気で稼ぎたい方はしっかり勉強しましょう。



follow us in feedly