会社員は残業するより早く出社した方が評価される

朝早く出勤する

ビジネスパーソンの方は、オフィスに残って残業するよりも早く会社に出社して仕事を始める社員の方が高く評価されるということがわかりました。

 

残業はやっぱり悪

ライフハッカーに残業に関する研究結果が紹介されています。

どれだけ遅くまで会社に残って仕事をするかは、実は重要ではありません。最近のワシントン大学の研究結果によると、上司は早く出社する人物を高く評価することがわかりました。
149組の上司と部下を対象に実験をしたところ、上司は、部下の誠実度と仕事の成果によって評価をしており、労働時間の長さも考慮していました。

仕事の成果と誠実度に、労働時間の長さも考慮しているとはいえ、上司は遅く仕事を始める社員を、あまり誠実だとは思っていないこともわかりました。上司がこのような認識をしているため、労働時間は同じでも、仕事を始めるのが遅い社員の評価は低くなっています。
また、上司自体の働き方によっても違います。上司が遅く働き始めるタイプの場合は、遅く働き始める部下をネガティブに感じていません。しかし、そのような上司も、早くから働いている人に対してポジティブな評価をしています。
つまり、この研究によってわかったのは、上司に良い評価をしてもらいたいなら、早く出社した方がいいということです。

引用元:ライフハッカー

 

 

まとめ

最近では日本でも残業を減らす取り組みが増えています。

しかし、仕事によってはそう簡単に残業を減らせないことも多いでしょう。どうしても仕事が片付かないときは残業するのでは無く早く出社して仕事を片付けましょう。




follow us in feedly