スマフォの通信容量を節約する5つの方法

スマフォの通信容量を節約する。

格安SIMなど、通信容量が少ない契約でも快適にスマフォを使うための「スマフォの通信容量を節約する方法」を紹介します。

 

ギガが減る

最近では格安SIMなど容量が少なくてお手頃な価格のプランが多く出ていることと、YouTubeなど容量を多く使うアプリやサービスが多く出ているため、月末などに度々通信容量が少なくて困っている方もいるかと思います。

容量にゆとりのあるプランを選んだり、容量の追加をすると結構お金がかかりますよね。

お金を払って容量を増やす前に、スマフォを使うときは、少ない容量でやりくりできるようにしましょう。

 

ちなみに、通信容量不足のことを若い方は「ギガが減る」と言うようです。「ギガ不足」に陥らないために工夫しましょう。

 

 

自宅ではWi-Fiを使う

自宅が持ち家や実家などの場合、光やADSLの回線を引いている方も多いと思います。

スマートフォンでWi-Fiの設定をし、自宅にいるときは家の回線を使うようにすれば、自宅でスマートフォンを使うときに格安SIMカードの容量を消費することなくインターネットを使うことができます。

 

また、3GやLTE通信よりも、光やADSLなどの回線の方が安定しているので、動画や書籍、アプリのダウンロードもしやすいです。

旅行やお出かけ前に本やアプリをダウンロードする場合も、自宅で済ませておくと良いですね。

 

これは「データオフロード」と言って、スマートフォンの通信量を節約するための基本中の基本のテクニックです。

 

 

外出先ではWi-Fiスポットを使う

自宅だけではなく外出先でもWi-Fiスポットを利用すれば通信容量を節約することができます。

最近では、ファストフード、カフェ、学校など様々な場所で無料Wi-Fiが使えるようになっていますね。

 

ホテルや航空機内でも使えることがあ流ので、出張やイベントに行く際はそうした点もチェックしておけば、スマフォはもちろんパソコンも快適に使えます。

家のWi-Fiを使う場合と同様、重たいアプリや動画ファイルのダウンロードはホテルなどで済ませるようにすれば、旅行や出張でもほとんど通信量を使わずに済みます。

 

 

高速通信をこまめにオフにする

一部の格安SIMは高速通信をオフにすることができます。

管理画面にログインしたり、アプリを使ったりとちょっと面倒ですが、あまり速度が必要でないときは高速通信をオフにしておけば容量を節約できます。

 

 

通知をオフにする

最近ではメッセージアプリやSNSのアプリが増えましたね。

それらの通知をオンにしておくと、例え一切スマートフォンを使っていなくても、知らず知らずのうちに通信を続けて通信量を使ってしまいます。

TwitterやInstagramなどの通知を切り、自分がアプリを使った場合のみ通信するようにしておけば、通信量はもちろん、バッテリーも節約できます。

 

 

通信量節約アプリを使う

スマートフォンで通信を行う際のデータ量を圧縮し、通信量を削減することができるアプリがあります。

様々なアプリがありますが、有名どころで言うと「Opera Max」というアプリがありますね。

このようなアプリを使うことで、使用感を損なうことなく通信量を節約することができます。

通信量を減らす仕組みはアプリによっても変わるので、自分のライフスタイルやスマートフォンにあったアプリを探してみましょう。

 

 

 

まとめ

ちょっと工夫するだけでスマートフォンの通信量は大幅に減らすことができます。

通信量が足りなくて困ってしまうことが多い方はここで紹介したようなテクニックを使い、通信量を節約してみましょう!

 

オススメ記事