クレジットカードのゴールドカードを簡単に取得する3つの方法

クレジットカード ゴールドカード

クレジットカードの中には、ステータス性が高く取得するのが困難なカードが存在します。

ここでは、ゴールドカードを簡単に取得する方法をご紹介したいと思います。

 

ゴールドカードとは

ゴールドカードは一般的なクレジットカードよりも、保険や特典などのサービスが充実しているクレジットカードです。

しかし、近年では、プラチナカード、ブラックカードなどさらに上位のカードが現れたこともあり、誰でもとまでは言わないまでも、それなりに簡単に取得できるようになっています。

 

 

ですが、それでも一般カードと比べれば高いステータスがありますし、サービスも良いものが多いです。

ポイント還元率だけでなく、保険やサービスも考えてクレジットカードを作りたい方は、ゴールドカードを狙ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ゴールドカードの審査は年々通りやすくなっている

過去と比較すると、現在、ゴールドカードは年々各社とも審査の難易度が下がってきており、普通の会社員でもゴールドカードが取得しやすくなってきています。

決して上場企業の社員などでなくても、安定した収入とある程度の社会的信用があれば、取得することが可能なゴールドカードも多くあります。

ゴールドカードの種類によっては年会費も安く、普通のクレジットカードと大差ないものも多いです。

 

 

 

ゴールドカードを簡単に入手するには?

上で解説した通り、近年はゴールドカードも取得しやすくなっています。

しかし、ゴールドカードならではのサービスが充実しているカードや知名度の高いゴールドカードはやはり審査に一定の難易度があるのも事実です。

しかし、そんな有名で格が高いゴールドカードもうまく工夫することで普通に申し込むよりもグンと取得しやすくなります。

 

 

ヤングゴールドカードを取得する

クレジットカード会社によっては、通常のゴールドカードの他に、若者向けのゴールドカード(ヤングゴールドカード)がある場合があります。

こうしたヤングゴールドカードは対象年齢を過ぎた際の更新で、通常のゴールドカードにできるものが多く、若い方の場合、長い目で見ればゴールドカードを確実に手にれるための良い方法となります。

 

ヤングゴールドカードは大抵の場合、若い方(大抵は20歳~29歳までの方)で安定的な収入がある場合には、比較的簡単に取得することができます。

確実にヤングゴールドカードの取得を目指したい場合には、一般カードなどのクレジットヒストリーをある程度積んでおくと良いかもしれません。

無事にヤングゴールドカードを取得することができたら、カードの支払いが延滞しないようにするなど、個人信用情報に傷がつかないように気をつけておくと良いでしょう。

そして対象年齢になった時(一般的には30歳が多いです)の更新時に自動的にゴールドカードに移行されるので、新たにゴールドカードの審査を受けることなく、簡単にゴールドカードを取得することができます。

 

通常の方法でゴールドカードに申込みをする際には、収入や社会的地位など、カード会社独自の審査に通る必要があることを考えると、楽にゴールドコードを取得することができます。

 

ヤングゴールドカードは「三井住友VISAプライムゴールドカード」が有名ですね。

 

 

ゴールドカードの案内が届くのを待つ

クレジットカードの中には、一定の期間一般カードの利用を続けていると、ゴールドカードへのランクアップの案内が届くものがあります (インビテーション)。

一般的に、ゴールドカードの案内が届いている方の場合、ランクアップの申込みをした際に、高い確率でゴールドカードを取得することができるようです。

 

しかし、カード会社によっては、ゴールドカードへの案内が届いている方であっても、所定の審査が必要となる場合もあるようです。

ゴールドカードの審査は、職業や収入をはじめとする、社会的信用に関して審査が厳しいことから、中には、ゴールドカードの案内が届いた場合でも、審査に関して不安に思う方もいるかもしれません。

このような場合には、ゴールドカードへのランクアップのサービスを提供しており、ゴールドカードの案内が届いた時点で、確実にゴールドカードにランクアップされるクレジットカードを選ぶようにすると良いでしょう。

クレジットカードの中には、一般カードを利用している方の中から、一定の条件を満たしている方にゴールドカードへの案内が届き、案内が届いた時点で、確実にゴールドカードにランクアップされるものがあります。このようなカードであれば、審査に関する不安がありません。

 

 

家族カードでゴールドカードを取得する

ゴールドカードは申込みの際に、職業や収入以外にも、様々な角度から厳しく審査されます。

このことから、クレジットカードの利用頻度が低く、クレジットヒストリーを積んでいない方の場合、ゴールドカードの取得はかなり困難です。

 

しかし、ゴールドカードやプラチナカード保有者の方に家族カードを発行してもらうことで、簡単にゴールドカードを取得することができます。ゴールドカードやプラチナカードの中には、家族カードを発行することができるものがあります。カードによって発行できる条件やカードのグレードは様々ですが、家族が保有しているゴールドカードと同じタイプのもの、もしくはグレードダウンしたもの (家族がプラチナカードを持っているならゴールドカード)を、家族カードとして発行できることが多いです。

 

また、家族カードを発行する場合、1人目は年会費が無料というカードもあるので、高いサービスを誇るゴールドカードを、年会費無料で持つことができます。

 

とはいえ、支払いをするのは、ゴールドカード本会員の方である上に、ポイントも本会員の方のカードにまとめてつくため、完全に自分自身のゴールドカードを保有するという感覚にはならないかもしれません。

これはあくまで参考にといったところですね。

 

 

 

まとめ

クレジットカードはクレジット(=信頼)を表す重要なアイテムです。

ステータス性の高いクレジットカードの中でも、最も手が届きそうなのがゴールドカードです。

憧れのゴールドカードをいつか取得したいと希望している場合には、ご紹介した様々な方法を使うことによって、憧れのゴールドカードを意外と簡単に手にすることができるかもしれません。

ぜひ挑戦してみましょう。

 

インビテーション (招待)は相手任せですし、家族カードは自分のカードとは言い難いです。

現実的に確実にゴールドカードを入手したいならば、審査難易度が低い若者向けのヤングゴールドカードを申し込むのがオススメです。

ヤングゴールドカードは公式が若者向けと宣言している「三井住友VISAプライムゴールドカード」オススメです。




follow us in feedly